葬られた文部大臣、橋田邦彦―戦前、戦中の隠されてきた真実

個数:

葬られた文部大臣、橋田邦彦―戦前、戦中の隠されてきた真実

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月26日 02時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866210568
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0036

内容説明

世界的科学者を多数育て科学立国日本を拓いた男。日本の政治・経済に大きな貢献をした。にもかかわらず葬り去られたのはなぜか?浮かび上がる真実とは?近衛・東條内閣の文相が歴史から消された真相を探り戦時の昭和に斬り込む!

目次

序章 葬られた戦前・戦中の“知の巨人”
第1章 日露戦争後という時代の画期
第2章 始まった昭和という時代
第3章 科学者橋田、道元を語る
第4章 橋田、文部大臣になる
第5章 橋田、東條内閣を去る
終章 橋田の日本の未来づくり人生

著者等紹介

〓橋琢磨[タカハシタクマ]
1943年岐阜県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。MBA(カリフォルニア大学バークレー校)、論文博士(中央大学)。野村総合研究所時代には、ニューヨーク駐在、ロンドン支店長、主席研究員などをつとめた。北海道大学客員教授、中央大学大学院教授などを経て評論活動に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

takao

1
正法眼蔵の研究者でもあった2017/11/02

shun( 早瀬俊)

0
「科学はある立場から世界を観るものであるが、その立場に立つ者をも世界の中に入れて世界の中に自分を観るのが無我の境地である。」橋田の言葉は原発事故における科学者や政治家が反省ずべき点に結びつく。外側に立つ経済至上主義者や都市生活者からみた地方の利用価値という視点が科学者や企業の責任逃れや、政治家の失言を連発している。原発が人々の生活と結びつき、自分もこの国に依存し、存在し生活しているという視点、想像力が必要なのだ。科学を単なる道具としか見ない立場の人間の思想が戦争や原発事故などを招く原因となっていくのだ。 2017/04/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11631396

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。