ミャンマーからの声に導かれ―泰緬鉄道建設に従事した父の生涯

個数:

ミャンマーからの声に導かれ―泰緬鉄道建設に従事した父の生涯

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年07月28日 06時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 191p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866000442
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

出版社内容情報



[]
著・文・その他

内容説明

映画「戦場にかける橋」で有名な泰緬鉄道。敵兵を殺さず捕虜を虐待しなかった鉄道兵は、戦後ミャンマーへ27回もの慰霊の旅へ出た。

目次

第1章 父と泰緬鉄道(現役兵として徴集;シッタン河木造鉄道橋建設 ほか)
第2章 ミャンマー慰霊の旅(父の慰霊の旅;泰緬鉄道博物館オープニングセレモニー ほか)
第3章 慰霊で広がる人の輪(今里淑郎さん;橋本量則先生との出会い ほか)
第4章 時を超えた友情(はじまり;出発 ほか)
第5章 戦争のない未来に向けて(泰緬鉄道博物館像の撤去運動;モン州大臣への手紙 ほか)

著者等紹介

松岡素万子[マツオカスマコ]
1953年生まれ。大阪府立桜塚高校、大阪歯科大学付属歯科衛生士学校、千里金蘭大学短期大学部英文科卒業。1987年、ラボ教育センターにおいてテューターとなり「ラボ松岡パーティ」開設。乳児から大学生までの縦長の環境で、「テーマ活動」と呼ばれる主に英語と日本語をベースに数多くの物語を全身で表現し発表する活動を継続中。全国キャンプへの参加、各種パーティ行事の企画運営に携わる。公益財団法人ラボ国際交流センターボランティアリーダーとして国際交流に関する仕事にも関与している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。