ワトソンで体感する人工知能

個数:

ワトソンで体感する人工知能

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年10月17日 20時43分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 200p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784865940718
  • NDC分類 007.1
  • Cコード C3055

内容説明

IBMのワトソンをはじめとするコグニティブサービスの登場により、人工知能(AI)の導入がいよいよ身近になってきました。画像認識や音声認識、自然言語処理といったAIの働きを、自社のシステムや顧客サービスに付加する取り組みが始まっています。本書はAIについて「今さら聞けない」「もうひとつピンと来ない」というビジネスマンや文系の学生さんのために書かれました。と言っても、安易に夢を語ったり、いたずらに不安を煽ったりはしません。AIの歴史、機械学習やディープラーニングの仕組みを簡潔かつ平易に解説。現在の技術で何ができ、何はできないのかを、読者が自分で見分けることができるよう導きます。さらに、IBMのクラウドサービスBluemixの無料枠を使って実際にワトソンを動かし、AIの働きを体感するところまで手引きします。AIを身近に感じることで、「だったら会社のアレができるかも…」といったアイデアが触発されるかもしれません。

目次

第1章 今なぜ人工知能なのか?
第2章 人工知能とは何か?
第3章 機械学習とは何か?
第4章 人工知能を使う方法
第5章 ワトソンで人工知能を体感する
第6章 人工知能をビジネスに活かすために

著者紹介

井上研一[イノウエケンイチ]
東京都中野区に住むITコーディネータ、ITエンジニア。1979年福岡県北九州市生まれ。1996年頃よりWebサイトの構築、アプリ開発を開始。国内中堅SI会社やコンサルティング会社等を経て、2013年にアルティザンエッジ合同会社(現・合同会社井上研一事務所)を立ち上げて独立。クライアント企業のプロジェクトに参画するほか、イベント登壇や研修講師、執筆活動にも積極的に取り組む。合同会社井上研一事務所代表社員、Tech Garden School講師、特定非営利活動法人ITコーディネータ協会(ITCA)会員、ITCA届出組織ITC‐Pro東京理事、IBM BlueHubインキュベーション・プログラム(第3期)メンター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

◆◆動くAIに触れ、ビジネス適用のフックを掴もう!◆◆

IBMのワトソンをはじめとするコグニティブサービスの登場により、
人工知能(AI)の導入がいよいよ身近になってきました。
画像認識や音声認識、自然言語処理といったAIの働きを、
自社のシステムや顧客サービスに付加する取り組みが始まっています。

本書は、AIについて「今さら聞けない」「もうひとつピンと来ない」という
ビジネスマンや文系の学生さんのために書かれました。
と言っても、安易に夢を語ったり、徒に不安を煽ったりはしません。
AIの歴史、機械学習やディープラーニングの仕組みを簡潔かつ平易に解説。
現在のAIで何ができ、何はできないのかを、読者が自分で見分けることができるように導きます。

さらに、IBMのクラウドサービスBluemixの無料枠を使って実際にワトソンを動かし、
AIの働きを体感するところまで手引きします。AIを身近に感じることで、
「だったら会社のアレができるかも・・・」といったアイデアが触発されるかもしれません。

第1章では、AIの現況を俯瞰。第2章と3章では、AIと機械学習を、直感的に理解できるように解説します。
第4章と5章では、実際にAIを使う方法を説明。
特に5章では、プログラミングなしで、ワトソンを試しに動かしてみます。
意外に簡単に使えることが実感できるはずです。
そして第6章では、筆者の導入経験を踏まえ、AIをビジネスで活用するための手掛かりを提示します。