一九一五年夏第一回全国高校野球大会―幻のグラウンドの第一号アスリートたち

個数:
  • ポイントキャンペーン

一九一五年夏第一回全国高校野球大会―幻のグラウンドの第一号アスリートたち

  • 坂 夏樹【著】
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • さくら舎(2021/06発売)
  • ウェブストア限定 全点ポイント5倍キャンペーン(6/24~6/28)
  • ポイント 80pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年06月26日 08時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 240p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865813005
  • NDC分類 780.21
  • Cコード C0095

出版社内容情報

近代スポーツ誕生!汗と涙と笑いのドラマ!

「もしも豊中運動場がなければ、夏の甲子園大会も、春のセンバツ大会もなかったかもしれない」――。1913(大正2)年、現在の大阪府豊中市にオープンした豊中運動場は高校野球発祥の地だ。東西150m、南北140m、学校の校庭並みのこの運動場で、1915(大正4)年に第1回高校野球大会(全国中等学校優勝野球大会)が開かれた。ラジオもテレビもなく、移動は列車で昼夜揺られたこの時代、全国統一の野球ルールはまだなく、応援はたいてい大乱闘になった。参加校は10校だったが、日本一を決める全国大会は野球人気に火をつけ、その後の隆盛をもたらす。

高校野球だけではない。高校ラグビー、高校サッカー、陸上競技、バレーボール、バスケットボールと、日本初の大会はみな豊中で開かれた。輝かしい歴史にもかかわらず、豊中運動場の存在はほとんど忘れ去られてしまった。わずか9年間の存在だった幻のグラウンド・豊中運動場。日本近代スポーツの原点だったその歴史とアスリートと観客たちの情熱と奮闘のエピソード!!

内容説明

近代スポーツ誕生!「豊中」の汗と涙と笑いのドラマ!高校野球発祥の地でサッカー、ラグビー、陸上競技の全国大会も生まれた!統一ルールもない時代、スポーツを文化にした幻の豊中運動場と燃える情熱!

目次

第1章 高校野球ここに始まる
第2章 東洋一の総合グラウンド誕生
第3章 高校ラグビー・サッカー発祥の聖地
第4章 日本初の陸上選手権を開く
第5章 豊中から世界が見えた
第6章 スポーツを文化に育てる

著者等紹介

坂夏樹[サカナツキ]
1961年、大阪府に生まれる。大阪、京都、兵庫、愛知、山陰などでの勤務経験がある全国紙の元記者。大阪では、行政や選挙をメインに取材、京都では、警察、司法、行政などを主に担当した。一方で、バブル経済期の闇社会の実態に迫る特命取材にたずさわったほか、平和問題や戦争体験、人権問題を取材テーマにした(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

茶々吉(パーソナリティ千波留)

3
2022年4月13日放送の みのおエフエム「図書館だより」で紹介するために読了。 以前阪急豊中駅から南西方向に10分ほど歩いたところに「高校野球発祥の地」と言う石碑を見つけたことがある。まさにそのお話。 当時豊中運動場は東洋一と呼ばれていて、そこではじめての高校野球が開催されたと言うのだ。 1915年8月18日に開幕したらしい。 始球式の写真を見ると後方に見えるのは林のみ。他には何も見えない。今の豊中の風景とは全く違う。 道頓堀のグリコの看板のモデルが誰かといったなどのトリビアも。2022/04/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17985847

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。