「シナリオ教室」シリーズ<br> ちょいプラ!シナリオ創作術―人気ドラマが教えてくれる「面白い!」のツボ

個数:
電子版価格
¥1,100
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

「シナリオ教室」シリーズ
ちょいプラ!シナリオ創作術―人気ドラマが教えてくれる「面白い!」のツボ

  • 浅田 直亮【著】
  • 価格 ¥2,200(本体¥2,000)
  • 言視舎(2023/02発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 100pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年07月14日 02時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 226p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865652444
  • NDC分類 901.27
  • Cコード C0074

出版社内容情報

「ちょいプラ」技術で、あなたの創作を面白くします。

お手本は昨今の人気ドラマ――『義母と娘のブルース』/『おっさんずラブ』/『僕らは奇跡でできている』/『最愛』/『アンナチュラル』/『重版出来!』/『地味にスゴイ!』/『カルテット』/『この世界の片隅に』/『テセウスの船』/『大豆田とわ子と三人の元夫』/『イチケイのカラス』 ほか

創作のためにドラマを徹底分析、何が面白いのか、どうすれば面白くできるのか、を具体的に説明。ちょっとだけプラスするワザを伝授

いますぐ実践できる32のワザ

コツをイラストで解説

内容説明

創作のためにドラマを徹底分析。何が面白いのか、どうすれば面白くできるのか、を具体的に説明。いますぐ実践できる32のワザ。

目次

1 キャラクターを際立たせるセリフをプラス(この主人公ならではのセリフをプラス『義母と娘のブルース』;「セリフは嘘つき」をプラス『おっさんずラブ』;主人公の「共通性」をプラス『きのう何食べた?』ほか)
2 主人公を困らせるキャラクターをプラス(主人公を困らせる「困ったちゃん」をプラス『アンナチュラル』;悪役をつくるには目的のためには手段を選ばないキャラをプラス『今日から俺は!!』;個性あふれる脇役をプラス『重版出来!』 ほか)
3 面白いシーンを生む「プラスのからくり」(「秘密性のカセ」をプラス『カルテット』;カットバックをプラス『カルテット』;話をまとめようとしないをプラス『僕のヤバイ妻』 ほか)

著者等紹介

浅田直亮[アサダナオスケ]
1983年、早稲田大学第一文学部卒業、2007年、早稲田大学大学院国際情報通信研究科修士課程修了。1993年、フジテレビ系『八丁堀捕物ばなし』シリーズでシナリオ・ライターとしてデビュー。『八丁堀捕物ばなし』ではギャラクシー賞受賞。シナリオ・センター講師。入門講座からゼミ、コンクール対策講座など幅広く担当。シナリオ・センターが主宰するコンクール“シナリオS1グランプリ”では最終選考審査員を務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

虹倉きり

0
シナリオ執筆の勉強として拝読。キャラクターの引き出し方……特に性格を突き詰めることでどういう台詞を喋らせるかが書かれていた。実際のドラマを例にしているのでとても分かりやすかった。2023/08/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20714044
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。