「自己決定権」という罠―ナチスから相模原障害者殺傷事件まで

電子版価格
¥1,320
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

「自己決定権」という罠―ナチスから相模原障害者殺傷事件まで

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 324p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865651270
  • NDC分類 151.2
  • Cコード C0036

出版社内容情報

マスコミが伝えない「脳死・臓器移植」の推進、「人間の尊厳」による「安楽死・尊厳死」推進の真相を、豊富な実例を挙げ詳細に解説。「脳死・臓器移植」の推進、「人間の尊厳」による「安楽死・尊厳死」の推進は、ナチスの発想と同根である。

マスコミが伝えない事の真相を、豊富な実例を挙げながら、詳細に解説。

いま静かに恐ろしい事態が進行している。

「自己決定権」と「人間の尊厳」がむすびつき、ナチス顔負けの人間選別思想を内包する法律が大手を振るい、「人間の尊厳」を標榜する者が想像を絶する事件を引き起こした。

序◆「自己決定権」とは何か

1◆私はなぜ自己決定権を認めないのか

2◆自己決定と自己決定権はどう違うのか

3◆自己決定権と福祉国家の行方

4◆死をめぐる感性、批判をめぐる感性

5◆ノンと言いつづけることの重要さについて

終章◆自己決定権批判の課題はどこにあるのか

増補◆「自己決定権」をめぐる2018年の状況/鏡としての「相模原障害者殺傷事件」

小松 美彦[コマツ ヨシヒコ]
著・文・その他

今野 哲男[コンノ テツオ]
著・文・その他

内容説明

「自己決定権」と「人間の尊厳」がむすびつき、ナチスの発想と同様の「脳死・臓器移植」や「安楽死・尊厳死」が推進されている。そして「人間の尊厳」を標榜する者が想像を絶する事件を引き起こした。

目次

序章 「自己決定権」とは何か
第1章 私はなぜ自己決定権を認めないのか
第2章 自己決定と自己決定権はどう違うのか
第3章 自己決定権と福祉国家の行方
第4章 死をめぐる感性、批判をめぐる感性
第5章 ノンと言いつづけることの重要さについて
終章 自己決定権批判の課題はどこにあるのか
増補第1章 「自己決定権」をめぐる二〇一八年の状況
増補第2章 鏡としての「相模原障害者殺傷事件」

著者等紹介

小松美彦[コマツヨシヒコ]
1955年東京生まれ。1989年、東京大学大学院理学系研究科・科学史科学基礎論博士課程単位取得退学。現在、東京大学大学院人文社会系研究科教授。博士(学術、東京大学)。専攻は、科学史・科学論、生命倫理学

今野哲男[コンノテツオ]
1953年生まれ。編集者・ライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件