パヴァロッティとぼく - アシスタント「ティノ」が語るマエストロ最後の日々

個数:

パヴァロッティとぼく - アシスタント「ティノ」が語るマエストロ最後の日々

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月05日 11時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 312p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865592207
  • NDC分類 762.37
  • Cコード C1073

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

スプリント

8
パヴァロッティの人間的魅力がわかる本です。2021/03/21

chuji

2
久喜市立中央図書館の本。2020年9月初版。訳下ろし。オペラは門外漢ですが、この本はPavarottiの人間話なのでした。気遣いの出来るSUPERSTARなのでした。2020/11/28

しーたか

1
知った頃からずっと三大テノールだったので、ツルまないといかんの?と思っていたが、あにはからんや。 サービス精神にあふれたスターは辛いのだなと。2021/02/20

massda

1
晩年、人の好いスターを、乾いたぞうきんを絞るように酷使して稼がせているので読むのがつらい。高級ワインより地元のランブルスコが好きだったんだろうな、というエピソードがあってさすがイタリア人だと思った。2020/12/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16610666

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。