ヘッドフォン・ガール

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

ヘッドフォン・ガール

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 311p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865591293
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

時間と運命がミステリアスに交錯する
ミュージック×タイムトラベル小説!

なぜ、オレは彼女の中に入り込んでしまうのか?
この地下鉄の光景は本当の未来なのか?
時空を超えて繫がる人々の運命がひとつの音楽を紡ぎだす──

20世紀の音楽史への深い造詣をもとにしながら、
謎をはらんだタイムトラベル・ストーリーの中に、
架空の音楽やミュージシャンたちの日常をリアルに描きこんでいく。
SF? ファンタジー? 音楽小説? ジャンルを軽やかに超えながら、
静かな感動を呼ぶラストまで一気に読ませる上質のエンタテインメント!

────行方不明になった伯母の家で、カズは祖父の遺品達を発見する。
古いスライド映写機を点けると、カズは近未来の地下鉄車内に飛んでいた。
しかも、ヘッドフォンで音楽を聞いている女性の身体の中に。
目の前の光景は本当の未来なのか?
好奇心に駆られたカズはタイムスリップを繰り返していく。
伯母の教え子だったヴァイオリン奏者のリキは親友に励まされながら、
自分自身の音楽を生み出そうとしていた。
ドイツからやってきた伝説のロック・ミュージシャン、ジーモン、
彼の祖父が遺したナチス時代のリボン・マイク、
伯母が愛したベヒシュタインのピアノ、京都の老技師──
数十年の時を超える因縁が人々を結びつける。
そして、生れ落ちる一枚のアルバム…⋯。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かっぱ

4
タイムトラベルというには少し違うかもしれない。主役は時間ではなく、楽器(マイクも含めて)な気がする。あるいは、古い機械のもつ魔力のようなものかもしれない。2020/11/11

Decoy

2
音楽小説にして、青春小説にして、SF小説。設定や固有名詞の使い方が非常に効果的。とても気持ちのよい物語で、読み終えてしまうのが残念でたまらなかった!2016/05/11

玉葱

2
音楽の中でも、録音機器、楽器そのものに視点をあてた音楽小説。古い映写機によって自分を未来に映すカズマと、自身の音楽をテープレコーダーによって(過去へと)巻き戻すリキとの交流は、美しく繊細で、非常に悲しいものでした。2016/03/17

RyuRyu3

1
文章に名前が出過ぎで第三者目線でしか見れないのが残念。 それぞれ説明してるなら一人称でよかったのに。 話としてはうーん、面白くはないかな、、 もう少しわかりやすくしてもよかったのではないかな2021/08/24

1
楽器、音楽、機材など小道具が爽やかに、物語の中に活きている。2016/03/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10169526

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。