オーバーラップ文庫<br> 生まれ変わった“剣聖”は楽をしたい〈3〉“剣客少女”と死闘の果て

個数:
電子版価格 ¥649
  • 電書あり

オーバーラップ文庫
生まれ変わった“剣聖”は楽をしたい〈3〉“剣客少女”と死闘の果て

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年09月29日 11時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 250p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784865547375
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

殺すか、護るか。
少女達の信念が激突する第3巻!
コミックス第1巻同時発売!

課外授業で海辺の町へとやってきたアルタ達。
イリスの砂浜での特訓を指導しながらも、アルタは騎士団と共に敵の襲撃に目を光らせていた。
そこに、一度は敗北を喫した《剣客衆》が、その威光を取り戻すべくアルタを狙って襲い来る。
更に一人の少女が剣客衆を追って現れた。
ルイノ・トムラ――アルタの前世に関わりのある名を持つ彼女は、剣客衆の一人を一刀の下に斬り伏せる。
ただ強者を求め、人を殺すことも厭わない《剣客少女》ルイノの真の狙いは、アルタとの『死合』で――!?
様々な思惑が行き交う海辺を戦場に、剣士達の激闘が幕を開ける!

内容説明

課外授業で海辺の町へとやってきたアルタ達。イリスの砂浜での特訓を指導しながらも、アルタは騎士団と共に敵の襲撃に目を光らせていた。そこに、一度は敗北を喫した“剣客衆”が、その威光を取り戻すべくアルタを狙って襲い来る。更に一人の少女が剣客衆を追って現れた。ルイノ・トムラ―アルタの前世に関わりのある名を持つ彼女は、剣客衆の一人を一刀の下に斬り伏せる。ただ強者を求め、人を殺すことも厭わない“剣客少女”ルイノの真の狙いは、アルタとの『死合』で―!?様々な思惑が行き交う海辺を戦場に、剣士達の激闘が幕を開ける!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

nishiyan

13
課外授業で海辺の街へと赴いたアルタ達。そんな彼らの元に再起のためにアルタをつけ狙うに剣客衆と剣客衆を追ってきた謎の少女ルイノ・トムラが現れる本巻。イリスとアリアの砂浜でのキャッキャウフフな場面がありながらも熱いバトルは健在。当初、ルイノに圧倒されていたイリスが大きく成長を果たし、騎士としてさらなる高みへと進めたのはとても感動的。剣客衆との決着は涙を誘うとともにアルタにとっても前世を振り返る大きな出来事になっただろう。ようやく平和な日常を得たアルタたちは今後どんな強敵と出会うのか。次巻が楽しみ。2020/10/02

真白優樹

6
課外授業でアルタ達が海辺の街へ向かう中、再起を狙う剣客衆達が来襲し、アルタの前世の関係者の少女、ルイノが剣客衆を狙い襲来する今巻。―――違う道を往った己に見せよ、師の元で身に着けた力。 剣客衆との一つの決着、そしてイリスとルイノ、鏡写しの二人がぶつかり合う海辺の街での激突で火花迸る巻である。イリスも確かな成長を見せ、アリアも釣られるように成長し。一つの決着と邂逅の先、果たしてアルタ達は今度はどんな敵と戦うのか。決着の先、次なる敵は誰になるのか。イリスの成長の先の行方とは。 次巻も勿論楽しみである。2020/09/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16643810

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。