カンマの女王のギリシャ語をめぐる向こう見ずで知的な冒険

個数:
電子版価格
¥2,420
  • 電書あり

カンマの女王のギリシャ語をめぐる向こう見ずで知的な冒険

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年07月22日 04時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6変判/ページ数 238p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865284034
  • NDC分類 891
  • Cコード C0098

内容説明

“カンマの女王”こと、伝統ある「ザ・ニューヨーカー」のベテラン校正係があふれる愛とともに語るギリシャ語の世界。

目次

序章 祈り
第1章 アルファからオメガまで
第2章 AはアテナのA
第3章 生きていたって死んでいたって
第4章 愛しのデメテル
第5章 悲劇好き
第6章 アフロディテと泳ぐ
第7章 アクロポリス・ナウ
第8章 海!海!

著者等紹介

ノリス,メアリ[ノリス,メアリ] [Norris,Mary]
1978年から『ザ・ニューヨーカー』誌で24年間、校正者として勤務

竹内要江[タケウチトシエ]
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

北風

12
邦題は最近の日本のはやりにのっかりすぎだろ。日本語も堕ちたもんだ。ギリシャと冠されてなかったら、読みきれなかったと思う。ギリシャを少しでも知れて楽しい。現代ギリシャ語を習いたいと思ったけど、なんの益もないしな。英語圏の人間でも難しいんだろうか? 今の日本、句読点を受け入れられないらしい。カンマの女王がそれを聞いたらなんていうだろう? カンマの語源はギリシャ語らしい。そして、カンマは混乱を防ぐために作られたらしい。そんなカンマを不愉快なものとして受け取るなんて、そういう精神こそが不健全だろうに。2024/03/08

pushuca

1
原題は”Greek to me"。訳者あとがきによるとこれは「ちんぷんかんぷんだ」という意味の慣用表現。2024/05/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21750511
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。