大澤真幸THINKING O<br> コロナ時代の哲学

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

大澤真幸THINKING O
コロナ時代の哲学

  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2020年09月30日 06時38分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 130p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865282863
  • NDC分類 104
  • Cコード C0036

目次

論文 ポストコロナの神的暴力(イエスの墓の前で;新しい生活様式?それはディストピアだ;監視を超えて;神的暴力の現代的活用)
対談 哲学者からの警鐘―例外状態、国家権力、死者の権利(コロナ禍は「世界共和国」への第一歩?;無意識化の革命;副産物としての真実;アガンベンの問題提起と炎上;例外状態への警鐘;「生の形式」とアガンベンの行き詰まり;「生の形式」の乗り越えと、身体性への回帰;国家理性と近代国家の誕生;法の内側と外側の境界線)
追悼 中村哲さんを悼んで―井戸は地下水脈につながっている

著者等紹介

大澤真幸[オオサワマサチ]
1958年生まれ。社会学。個人思想誌「THINKING「O」」主宰。『ナショナリズムの由来』で毎日出版文化賞を受賞。『自由という牢獄』で河合隼雄学芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件