通訳とはなにか―異文化とのコミュニケーションのために

個数:

通訳とはなにか―異文化とのコミュニケーションのために

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 277p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784865000405
  • NDC分類 801.7
  • Cコード C0080

内容説明

「通訳」という作業は、いったいどのような原理に基づいて行われるのか、通訳者の本質的な仕事とはなにか…。半世紀以上にわたって通訳という仕事の第一線に立ち続けてきた著者の、集大成とも言える「通訳論」「英語論」誕生!

目次

第1部 通訳とはなにか―日英通訳者の世界から(通訳とはなにか;通訳の現場/通訳者の仕事)
第2部 異文化コミュニケーションの目指すもの(文化とは?;パラグラフの構造が違う;通訳者はいかに文化の壁を乗り越えるか―日英通訳のひとつの例;異文化間コミュニケーションの意義;アメリカ手話通訳事情視察旅行)
第3部 日本のスピーカーへのお願い(通訳者に期待すべきでないこと;発言者のためのガイドライン)

著者等紹介

近藤正臣[コンドウマサオミ]
1942年愛知県生まれ。国際基督教大学教養学部社会科学科卒(在学中にアメリカ合衆国国務省付き随行通訳者として勤務)、同行政大学院修士課程修了。中央公論社、サイマル・インターナショナル、日本コンベンションサービス勤務を経て1976年より大東文化大学経済学部で35年間、教鞭をとる。2011年に日本通訳学会を設立、初代会長を務める。2013~14年、カリフォルニア州のモンテレー国際大学院にて、通訳を教える。現在、東京国際大学客員教授。大東文化大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。