福祉と贈与―全身性障害者・新田勲と介護者たち

個数:

福祉と贈与―全身性障害者・新田勲と介護者たち

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年02月22日 05時39分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 674p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865000160
  • NDC分類 369.27
  • Cコード C0036

内容説明

人にものをたのむことをしなければ、助けを請わなければ、生存がままならないという負い目を主体的に生きた、全身性障害者・新田勲。その強烈な「贈与の一撃」を介護者として自らの身体で受け取ってしまった著者が、公的介護保障の実現を求めて生涯、社会運動にかかわったその生の軌跡と、矛盾と葛藤に満ちた「福祉」の世界を描き切った渾身入魂の書。

目次

序章 福祉を贈与として立ち上げることは可能か
第1章 ある全身性障害者の自立生活
第2章 全身性障害者の自立生活運動と介護の贈与論的理解
第3章 支配の贈与を拒む―家族と施設における抑圧
第4章 贈与を与え返す―府中療育センター闘争をめぐって
第5章 相互贈与を求めて―他人介護のありか
第6章 相互贈与を可能にする条件―介護者たちの自立生活
第7章 相互贈与と疑似商品交換―全国公的介護保障要求者組合の分裂
第8章 考察―相互贈与としての福祉をめぐって
終章 返礼としての結論

著者等紹介

深田耕一郎[フカダコウイチロウ]
1981年生まれ。2012年3月、立教大学大学院社会学研究科博士課程後期課程修了。博士(社会学)。日本学術振興会特別研究員等を経て、立教大学社会学部助教(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件