モノと空間のデザインを考える

個数:

モノと空間のデザインを考える

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月02日 18時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 136p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784864631242
  • NDC分類 501.8
  • Cコード C3072

内容説明

SDGsのもとで、豊かさを「実感できる」暮らしを実現するためにデザインは何をなすべきか?生活環境におけるモノから空間までのデザインを複眼的に追究する。

目次

第1章 テクノロジー(テクノロジーとは何か?;暮らしにみるテクノロジー;これからの社会とデザイナー;デザインとテクノロジーの変遷)
第2章 ライフスタイル(ライフスタイルとは;なぜライフスタイルか;提案者としてライフスタイルとどう関わるか)
第3章 コミュニケーション(言葉による伝達;モノによる伝達;空間による伝達;コミュニケーションとしての空間デザイン;コミュニケーションの可能性)

著者等紹介

牧野良三[マキノリョウゾウ]
1951年生まれ。武蔵野美術大学造形学部芸能デザイン学科卒業。2008年、武蔵野美術大学造形学部通信教育課程工芸工業デザイン学科スペースデザインコース教授に就任。オペラ、バレエ等の舞台美術を手がけるとともに、隣接する領域(イベントのブースデザイン及びテーマパークの修景デザイン、アートディレクション等)を演出性の強い時空間としてとらえ、テーマ(意味)の可視化について、その可能性を探究している。また、良好なコミュニティーをつくるための造形ワークショップを主催している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。