賞味無限―アート以前ファッション以後

個数:

賞味無限―アート以前ファッション以後

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2019年10月17日 06時53分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 160p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784864630764
  • NDC分類 589.2
  • Cコード C0070

内容説明

網膜と脳のために。ボイドの発見。ポケットに何を入れる?美とユーモア。ずれる機能。ノイズを逃れて。イメージの生まれる場所。“お洋服”をつくってはいけない。ファッションはアクション。

目次

1 FINAL HOME究極の家
2 MOTHER未来のマザー
3 MODE less CODEもうひとつの夢を見ましょう
4 プチラボスタディ(プチプチ+ラボラトリー)
5 Puzzle Wear増殖するクリエイション
6 ビルを着るWEAR a BUILDING
7 on air解体し再生する新しい時代の衣服

著者等紹介

津村耕佑[ツムラコウスケ]
生き方や、ものづくりのあり方に独自の方法論でアプローチするファッションデザイナー、アートディレクター。1983年三宅一生氏のもと、クリエイションスタッフとしてパリコレクションに関わる。1994年、「服は究極の家である」という考えを具体化した都市型サバイバルウェアFINAL HOMEを考案し、ファッションブランドKOSUKE TSUMURAならびにFINAL HOMEを、株式会社エイ・ネット(A‐net)からスタートさせ、2015年に独立。武蔵野美術大学造形学部空間演出デザイン学科教授。文化服装学院ファッション工芸専門課程非常勤講師。日本文化デザインフォーラム会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ファッションデザイナー津村耕佑の作品と行為を通して、アートとファッション、クリエイティブな行為について考察するファッションデザイナーという枠を超え

生活とクリエイションの結びつきについて考察する

津村耕佑の作品と行為を大胆に可視化



ファッションデザイナー津村耕佑は、1994年に都市型サバイバルウェアFINAL HOMEを発表。「非常時に対応する衣服のあり方」というアプローチは、大量消費と廃棄が進む社会への対応と警告として高い評価を受けた。以来、独自の造形理論とスタンスで作品を発表する。現実に生成する「ファッションという現象」を考察し、ファッションとアートの関係、さらにそれらを含意するクリエイティブな行為について考える刺激的でクールな一冊。

幸せの青い蝶

Chapter1 FINAL HOME 究極の家

Chapter2 MOTHER 未来のマザー

Chapter3 MODE less CODE もうひとつの夢を見ましょう

Chapter4 プチラボスタディ(プチプチ+ラボラトリー)

Chapter5 Puzzle Wear 増殖するクリエイション

Chapter6 ビルを着る WEAR a BUILDING

Chapter7 on air 解体し再生する新しい時代の衣服

あとがき

年譜|Works 1986-2017

津村 耕佑[ツムラ コウスケ]
著・文・その他