こんなとき、英語ではこう言います―辞書を引いてもわからない

個数:

こんなとき、英語ではこう言います―辞書を引いてもわからない

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年08月02日 10時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 205p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784864540278
  • NDC分類 834
  • Cコード C0082

内容説明

頭のスイッチを切り替えて、英語と日本語の「壁」を乗り越える。「あれ、英語でなんて言うんだ?」の定番表現から「つい、よく使うひとこと」まで、ネイティブ流の発想ですんなり英語にならない日本語も伝えられる。

目次

「あれ、英語でなんて言うんだ?」の定番表現(いただきます/ごちそうさま;いってきます/いってらっしゃい ほか)
「つい、よく使うひとこと」の英語表現(ウケる;ウザい ほか)
「ああ、もどかしい」言えそうで言えない英語の感情表現(うらやましい;うるさい ほか)
「むむ、なんて言うのか見当がつかない!?」英語表現(あたりまえ;大げさ ほか)

著者等紹介

ベルトン,クリストファー[ベルトン,クリストファー][Belton,Christopher]
1955年、ロンドン生まれ。78年に来日して以来、途中帰国した4年間を除き日本在住。91年以降、フリーランスのライター・翻訳家として活躍。97年、小説家としてデビュー作Crime Sans Fronti`eresをイギリスで出版し、その年に出版された最も優れた長編小説に与えられるブッカー賞にノミネートされる。翻訳家としてもフィクションおよびノンフィクションの幅広い分野で多数の翻訳を手掛ける。現在は日本人の妻と横浜に在住

渡辺順子[ワタナベジュンコ]
立教大学文学部英米文学科卒。書店勤務を得て翻訳家に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件