HYORONブックレット<br> 総義歯治療で最も大事なことは何か?

個数:

HYORONブックレット
総義歯治療で最も大事なことは何か?

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A4判/ページ数 80p/高さ 28cm
  • 商品コード 9784864320412
  • NDC分類 497.5
  • Cコード C3047

目次

1 導入(“患者に受け入れられる総義歯”を文献から考察する)
2 適切な下顎位を得るために大事なこと(「咬合」が最も大事!;「ゴシックアーチ」が最も大事!)
3 十分な維持力を発揮する下顎義歯を作るために大事なこと(「レトロモラーパッド」が最も大事!;「舌のポジション」が最も大事! ほか)
4 まとめ(総義歯治療で最も大事なことは何か?)

著者紹介

阿部二郎[アベジロウ]
阿部歯科医院。有床義歯学会(Japan Plate Denture Association:JPDA)名誉会長。東北大学大学院歯学研究科口腔システム補綴学分野臨床教授。神奈川歯科大学顎咬合機能回復補綴医学講座客員教授

亀田行雄[カメダユキオ]
医療法人D&Hかめだ歯科医院。有床義歯学会(Japan Plate Denture Association:JPDA)会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)