HYORONブックレット<br> 総義歯治療で最も大事なことは何か?

個数:

HYORONブックレット
総義歯治療で最も大事なことは何か?

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 80p/高さ 28cm
  • 商品コード 9784864320412
  • NDC分類 497.5
  • Cコード C3047

目次

1 導入(“患者に受け入れられる総義歯”を文献から考察する)
2 適切な下顎位を得るために大事なこと(「咬合」が最も大事!;「ゴシックアーチ」が最も大事!)
3 十分な維持力を発揮する下顎義歯を作るために大事なこと(「レトロモラーパッド」が最も大事!;「舌のポジション」が最も大事! ほか)
4 まとめ(総義歯治療で最も大事なことは何か?)

著者等紹介

阿部二郎[アベジロウ]
阿部歯科医院。有床義歯学会(Japan Plate Denture Association:JPDA)名誉会長。東北大学大学院歯学研究科口腔システム補綴学分野臨床教授。神奈川歯科大学顎咬合機能回復補綴医学講座客員教授

亀田行雄[カメダユキオ]
医療法人D&Hかめだ歯科医院。有床義歯学会(Japan Plate Denture Association:JPDA)会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

■「印象採得」「咬合採得」そして「人工歯排列」など,総義歯治療には多くのステップが存在し,そのどれもが失敗のできないものばかりといわれています.とはいえ,「本当に大事なものは何?」という思いを抱くことはないでしょうか.

■本書では,これら重要な各ステップについて,“患者に受け入れられる義歯”を評価軸に,義歯治療のエキスパートが「最も大事なことは何か?」をプレゼンテーションする形で,そのポイントをエビデンスと経験に基づいて解説するものです.

■総義歯治療の製作過程をユニークな形で再評価し,重要ポイントをクリアーにするブックレットです.新人であれベテランであれ,「総義歯治療が得意!」となるために,ぜひご活用ください.

? 導入
“患者に受け入れられる総義歯”を文献から考察する………………………………松丸悠一
 現在に至る臨床論文の潮流
  1.総義歯に関する論文とEBMの概念について
  2.より単純で効果的な術式への注目
 義歯製作のコンセプトには何が大切か
  1.患者満足度と義歯の質の関連について
  2.適切な下顎位とは―補綴専門医によるコンセンサス
 “患者満足”に向けて何が大切か
 まとめ

? 適切な下顎位を得るために大事なこと
1 「咬合」が最も大事!………………………………………………………………齋藤善広
 咬合採得が最も大事
 咬合採得の目的
 咬合採得の要件
 なぜ無歯顎者の咬合採得は難しいのか
 実際の咬合採得法
  1.術者誘導法
  2.ゴシックアーチ描記法を併用したタッピング法
 アペックスの捉え方
 ゴシックアーチ描記法と採用すべき下顎位について
 咬合採得と義歯調整
 まとめ
2 「ゴシックアーチ」が最も大事!……………………………………………………山崎史晃
 無歯顎の咬合採得
  1.有歯顎症例よりも難しい無歯顎の咬合採得
  2.咬合採得を間違った症例
  3.実は難しい,ワックスバイトによる咬合採得
 Go-Aとは?
  1.Go-Aの利点
  2.あまり臨床で取り入れられていないGo-A
  3.Go-Aを臨床に取り入れるために―着脱自由で堅固なヨーロッパのGo-A装置
 症 例

? 十分な維持力を発揮する下顎義歯を作るために大事なこと
1 「レトロモラーパッド」が最も大事!…………………………………………………市川正人
 レトロモラーパッドの解剖学的特徴
  1.レトロモラーパッド
  2.翼突下顎ヒダ,翼突下顎縫線
  3.BTCポイント(Buccal mucosa and Tongue side Contact point)
  4.染谷のスジ
 「レトロモラーパッドが最も大事!」の6つの理由
  理由1:咬合平面設定および下顎臼歯部人工歯排列の基準
  理由2:咬合圧に対するクッション効果
  理由3:辺縁封鎖域としての役割
  理由4:扱いが困難であるがゆえの重要性
  理由5:易変形性
  理由6:総義歯治療を楽しくする効果
2 「舌のポジション」が最も大事!………………………………………………………佐藤勝史
 舌の後退位とその頻度
 力学的安定の観点からみる舌の後退位
 義歯吸着の観点からみる舌の後退位
  1.舌の後退位が及ぼす義歯吸着への影響
  2.舌の後退位の分類
  3.舌の後退位への対処法
3 「印象採得」が最も大事!……………………………………………………………亀田行雄
 印象採得は大きな誤差を含みやすい
 印象採得の精度は咬合採得の精度に影響する
 印象採得方法は何がよいのか
  1.簡便な方法と複雑な方法の比較
  2.機能印象法の優位性
  3.適合がよく,辺縁封鎖ができる印象法がよい
 新卒でもできる,吸着する総義歯製作法
  1.フレームカットバックトレーによる概形印象
  2.下顎総義歯吸着のための各個トレー外形線
  3.術者主導でなく患者主導の閉口機能印象
  4.ゴシックアーチ描記法を用いた咬合採得
  5.人工歯排列
  6.総義歯完成
4 「人工歯排列」が最も大事!…………………………………………………………松下 寛
 人工歯の排列位置の重要性
 人工歯排列の2つの大きな役割と原則
  1.機能的側面での人工歯排列の重要性
  2.審美的側面での人工歯排列の重要性

? まとめ
総義歯治療で最も大事なことは何か?…………………………………………………阿部二郎
 重要視されるべき2つの課題
 快適な咬合高径と適正な水平下顎位の採得
  1.印象よりも咬合採得が大切
  2.印象は重要ではないのか?
 強い維持力を発揮する下顎義歯吸着印象
  1.総義歯製作技術が変わるべき時代:下顎コンパウンド印象法と吸着法
  2.より高度な吸着成功率を保つために
 人工歯排列と咬合様式の重要性は?
 スピーディーな技術躍進
 おわりに

阿部二郎[アベジロウ]
著・文・その他/編集

亀田行雄[カメダユキオ]
著・文・その他/編集