もう一つの箱根駅伝―僕がごみ拾い駅伝を始めて、そして続ける理由

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 213p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784864084208
  • NDC分類 518.54
  • Cコード C0095

内容説明

日本の正月の風物詩である箱根駅伝のコースを、ゴミ拾いしながら走破する“もう一つの箱根駅伝”。主に大学の冒険部・探検部が主体となって行っている、この別名“ゴミ拾い駅伝”は、2006年の冬にスタート。本書は、“もう一つの箱根駅伝”の発起人であり、現在は相談役として本活動を支え続けている著者が、過去5回の大会を振り返って綴った記録である。

目次

序章 動き出した史上最大の“ゴミ拾い駅伝”
第1章 “もう一つの箱根駅伝”ができるまで
第2章 伝説となった第1回大会
第3章 東海道が繋ぐもの、東海道を繋ぐもの
第4章 引き継がれた襷
終章 さあ、“もう一つのプロジェクト”を始めよう

著者等紹介

市川真也[イチカワシンヤ]
1985年(昭和60年)静岡県生まれ。2008年、神奈川大学法学部を卒業後、都内の広告代理店に勤務。冒険部に所属していた学生時代に企画した「もう一つの箱根駅伝」への情熱が冷めないことに気づき、職場の上司と共に同駅伝のマネージメント会社となる株式会社スリー・ディビジョンズを設立する。2009年に学生主体の主行委員会「もう一つのプロジェクト」を設立し、双方の立場から活動を支援する。2010年、自身の活動を、NPO法人化を目指す「もう一つのプロジェクト」に絞り、スリー・ディビジョンズを離脱する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。