7つの習慣 最優先事項―生きること、愛すること、学ぶこと、貢献すること

電子版価格 ¥1,694
  • 電書あり

7つの習慣 最優先事項―生きること、愛すること、学ぶこと、貢献すること

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 557p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784863940406
  • NDC分類 159
  • Cコード C0034

内容説明

15年振りに、完訳版として再登場!最も重要なことを実現する実行の原則。

目次

第1部 時計とコンパス(死の床で「もっと長い時間を職場で過ごしておけばよかった」と後悔する人はどのくらいいるだろう?;緊急中毒;生きること、愛すること、学ぶこと、貢献すること)
第2部 大切なのは最優先事項を優先すること(第2領域の時間管理:最優先事項を優先するプロセス;ビジョンは情熱の源;バランスよく役割を果たす;目標のパワー;一週間という視野;選択の瞬間に誠実である;人生から学ぶ)
第3部 相互依存のシナジー(相互依存の現実;他者と一緒に最優先事項を優先する;インサイド・アウトからのエンパワーメント)
第4部 原則中心の生き方がもたらす力と安らぎ(時間管理からパーソナル・リーダーシップへ;心の安らぎという結果)

著者等紹介

コヴィー,スティーブン・R.[コヴィー,スティーブンR.] [Covey,Stephen R.]
国際的に高く評価されるリーダーシップ論の権威、家族問題のエキスパート、教育者、組織コンサルタントとして活躍した。147の国にサービスを提供する世界屈指のプロフェッショナルサービス企業フランクリン・コヴィー社の共同創設者。ユタ州立大学商経学部終身教授、リーダーシップ学において同大学の名誉職ジョン・M・ハンツマン・プレジデンシャル・チェアに就く。妻、家族とともに米国ユタ州で暮らした。2012年7月、79年の生涯を閉じた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

とよぽん

10
役割に基づいた時間の使い方、優先順位の決め方など、前作からさらに進化した内容だった。果たして、自分にこれほどきっちりした方針による日々の行動ができるだろうか?   著者とそのグループの人たちの立派さが強く印象に残った。自分に迷いが生じたときに、また読み直したい。2015/12/22

おおとろ

4
☆☆☆☆ 再読2021/04/15

まゆまゆ

4
充実した人生を送るのに近道はないが、「道」はある。有意義な人生はスピードや効率の問題ではない。大切なのは人生において何をするか、なぜそれをするかであって、いかにそれを早くするかではない。長い目で見れば、農場の法則(自然界の摂理に従わないと収穫できない)がすべてを支配している。原則を踏まえた自分のミッションを導きだし、それを実行することが最優先である。2015/12/24

KenYama(n)/本ズキトツナガリタイ/🇯🇵🇻🇳🇮🇳🇯🇵キニン

2
20/08/29 感想25 ★★★★☆◾️こんな人におすすめ・人生の目標を模索中の方・生き方を変えるヒントを見つけたい方・とりあえず世界的名著を読んでおきたい方◾️名著”7つの習慣”の中の第三の習慣”最優先事項をいかに優先して実行するか”にフォーカス。”7つの習慣”のエッセンスは全て含まれる。冗長で概念的な話が繰り返されるので、構成を掴むのに苦労。◾️要約:”生きること・学ぶこと・愛すること・貢献することのニーズを満たすMission Statementを作成し、最優先事項を優先して人生を生きていくべし2020/08/18

みーあ

2
素晴らしい!漏れがない!週末に、自然の中に身を置いて、巻末のワークショップにトライする!2015/12/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9828951

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。