静山社文庫<br> 奥さん、それは「夫源病」ですね。―いつまでたっても更年期が終わらない…

個数:
  • ポイントキャンペーン

静山社文庫
奥さん、それは「夫源病」ですね。―いつまでたっても更年期が終わらない…

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年07月24日 01時59分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 237p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784863892132
  • NDC分類 493.18
  • Cコード C0177

内容説明

40代以降の女性を悩ませる、体の不調と治らない更年期障害。疲弊するばかりの妻は、それでもけなげに夫を支える。だが、その不調は夫が原因の「夫源病」だったとは!?『みんなの家庭の医学』(テレビ朝日)でも特集された話題の夫源病を、提唱者の著者が多数の治療実例をもとに解説。家庭に1冊必携の書。

目次

プロローグ 奥さんは夫源病
1章 生物学的にはオスよりメスが強い
2章 治らない更年期障害に夫の影
3章 なぜ漢方外来が流行るのか
4章 中年女性の危機―空の巣症候群
5章 高齢女性の危機―ワシも族と昼食うつ
6章 できる女性の落とし穴―働く女性とモンスターワイフ
7章 ストレスの仕組みと軽減方法―セロトニンと自律神経が重要
8章 「いい妻」「いい夫婦」をやめてみる―口喧嘩もコミュニケーション
エピローグ 夫婦円満にバイアグラ

著者等紹介

石蔵文信[イシクラフミノブ]
1955年京都生まれ。循環器科専門医。大阪市内で男性更年期外来も担当。国立三重大学医学部卒業後、国立循環器病研究センター(心臓内科)、大阪警察病院(循環器科)などを経て、アメリカ・メイヨークリニックに留学。大阪大学大学院医学系研究科・保健学専攻准教授を経て、大阪樟蔭女子大学学芸学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。