精神の生活

個数:

精神の生活

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月23日 04時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 277p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784863855878
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

内容説明

不安定な地位にある大学非常勤講師のドロシーは、図書館のトイレで出血を確認する。流産したことを親友にも母親にも打ち明けることはできない。大学で講義し、セラピーに通い、産婦人科を訪れるが、どこにいても何をしていても世界から認めてもらえない気がしてしまう。3月の終わりからの1ヶ月半、予測不能なキャリアのなかで、自分の身体に起きた「流産」という不可解な出来事と知性によってなんとか折り合いをつけていく。

著者等紹介

スモールウッド,クリスティン[スモールウッド,クリスティン] [Smallwood,Christine]
2014年にコロンビア大学で英文学の博士号を取得し、これまで5本の短編小説をThe Paris Review、n+1、Viceなどの文芸誌で発表している。また数多くの書評やエッセイをThe New Yorker、Bookforum、The New York Times Magazine、Harper’s Magazine等に寄稿する批評家でもある。現在、ブルックリンに夫と二人の息子と住んでいる

佐藤直子[サトウナオコ]
東京都内の大学で非常勤講師として英語を教えている。現代アメリカ小説における「偶然性」のテーマに関晶がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヘラジカ

48
流産によって変化した身体内にある精神世界、というよりも生々しい肉体を覆うように現実があって、更にその周辺を強固な思索が包み込むかのように描いている。茫洋としていながらも精妙にして知性的、そしてどこか傍観しているような語りの海に揺蕩う。性別も境遇も体験も、私には全てが遠いものであるにも拘わらず、読み終えた頃には小説自体が友人であるかのような親密な感覚を味わえた。訳者の言葉通り、精神と身体の関係を巡る普遍的な問題を扱っているからだろうか。時間が許すならば何度も読み返したい。非常に得難い読書だった。2023/08/17

まこ

8
流産して血が出るのを汚いと感じ、周囲にすら言えない。ドロシーは仕事も子どもの事も中途半端で、上手くいっているからこその話を語る周囲と違う、だから言いづらい。自分の意思で子どもをおろしたギャビーを神聖化し、選ぶことの理想とした。流産がわかってからの数ヶ月、打ち明けられないけど明日に伸ばすことを知った。2023/09/03

no6

1
流産後だらだらと出血を続ける主人公。親友も同じように薬を服用するがそれは第二子の堕胎のため。非常勤の不安定な身分のまま学会に出席するが、そこで成功した友人や(元彼や)元恩師と時間を過ごすことになる。このように内面も環境も不安定だけれども、成功もしてないけど破綻もしてない状況は身近に感じられ、分析し言語化するさまにはなるほどと思わされる。装丁=成原亜美(成原デザイン事務所)、装画=塩川いづみ2023/10/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21462102
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。