業績をあげるとっておきのICT活用術―中小企業の情報通信技術の選択・活用のポイント

個数:

業績をあげるとっておきのICT活用術―中小企業の情報通信技術の選択・活用のポイント

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 215p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784863671867
  • NDC分類 336.17
  • Cコード C2034

内容説明

本書は、ICTに詳しくない経営者層の方を意識して、業績向上のためにICTをどう活かすか、そのためにどうすればいいのかに焦点を当てて解説。

目次

第1章 業績向上の足を引っ張るBADチョイス(BADチョイスを知れば、いまやることがわかり、未来の選択も誤らない;業務の効率や品質が改善しないBADチョイス ほか)
第2章 自社の磨くところをチョイスしよう(自社の長所を見つけ、伸ばすところを定める;意外に気づいていない自社のいいところを見つける ほか)
第3章 業績向上に繋がるICT活用アイデア(ICTを活用して自社の強みを磨きあげよう;顧客サービス・顧客満足度で業績向上を目指すためのICT活用アイデア ほか)
第4章 業績向上のアイデアを実現できる仕組みとは(自在に改変可能なICTの仕組みがあれば、経営者の想いをICTで形にできる;仕組みに求めることを間違えるとどうなるのか ほか)
第5章 業績向上を実現するための調達先・調達方法とは(「継続的改善」や「自発的変身」の要否により調達の仕方を使い分ける;「継続的改善」も「自発的変身」も不要な場合の調達の最適解 ほか)

著者紹介

五島一輝[ゴシマカズテル]
1959年生まれ。東京都出身。東洋大学文学部英米文学科を4年で中退。生産性本部認定経営コンサルタント、ITコーディネーター、システム監査技術者。数多くの情報システムの構築やICTの導入にコンサルタント、PM、SEとして従事。販売管理、生産管理、物流、在庫管理、財務・管理会計、人事などの基幹系に加え、ECサイト、会員サービスサイトなど、インターネット系やモバイル系まで多岐にわたるシステムに携わり、中堅・中小企業が必要とするICTの大半に精通。2000年に(株)アイティープランナーズを設立し、代表取締役兼ICTコンサルタント(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)