利休随一の弟子 三斎細川忠興

個数:

利休随一の弟子 三斎細川忠興

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月21日 05時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 207p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784863668782
  • NDC分類 791.2
  • Cコード C1023

内容説明

54万石の大名である一方、千利休の教えを忠実に継承し、古田織部亡き後武家茶の湯を確立した細川忠興。その茶人としての側面を解き明かす。

著者等紹介

矢部誠一郎[ヤベセイイチロウ]
1941年生まれ。國學院大學大学院文学研究科日本史学博士課程満期退学。2012年まで玉川大学文学部教授、鎌倉女子大学教授を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

利休に一番近いとされた、細川三斎(忠興)。織部・遠州のような独創性を求めず、武人として武家の茶の湯を大成したとされる三斎の茶を、思想史の対象として取り上げ、史料に沿って論じながら、著者の新見地を開陳する。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件