摂食嚥下障害の倫理

個数:

摂食嚥下障害の倫理

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月24日 23時58分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 168p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784863510753
  • NDC分類 496.8
  • Cコード C3047

内容説明

「食べることの倫理」とはなにか?胃ろうを設けなければ生きられない患者が、死んでもいいから口から食べたいと訴えたとき、どうすればよいのだろう…?認知症・脳卒中・がん等の事例を基に倫理を真正面からとらえ、その本質を解説!!

目次

1 摂食嚥下障害に気づく
2 嚥下障害が回復可能であったケース
3 認知症の食事拒否のケース
4 摂食条件を守らず、誤嚥を繰り返したケース
5 本人に意思能力がある回復困難なケース
6 本人に意思能力がないと、更なる倫理的ジレンマが生じるケース
7 新たな問題提起

著者等紹介

箕岡真子[ミノオカマサコ]
東京大学大学院医学系研究科医療倫理・客員研究員/箕岡医院内科医師。主な研究領域はバイオエシックス・終末期医療ケアの倫理・高齢者の介護倫理・認知症ケアの倫理

藤島一郎[フジシマイチロウ]
浜松市リハビリテーション病院・院長/浜松医科大学臨床・教授/聖隷クリストファー大学臨床・教授/東京医科歯科大学大学院・講師

稲葉一人[イナバカズト]
中京大学法科大学院・教授/久留米大学医学部医学科客員教授/元大阪地方裁判所判事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。