英国高速鉄道ハットフィールド脱線事故の真相―レールの金属疲労は何故起こったか

個数:
  • ポイントキャンペーン

英国高速鉄道ハットフィールド脱線事故の真相―レールの金属疲労は何故起こったか

  • 平川 賢爾【著】
  • 価格 ¥3,300(本体¥3,000)
  • 慧文社(2008/05発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 60pt
  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 172p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784863300040
  • NDC分類 686.7
  • Cコード C3053

内容説明

英国の幹線鉄道を長期間マヒさせた2000年の鉄道脱線事故。その原因を事故調査委員会の報告書やレールの破壊現象に関する海外の膨大な文献をもとに、金属疲労・破壊力学的観点から徹底検証!鉄道関係者のみならず、金属材料学や材料力学・破壊力学を専門とする技術者必携の書。

目次

第1章 英国ハットフィールド脱線事故
第2章 ハットフィールド脱線事故の考察
第3章 ハットフィールド脱線事故レールの調査結果
第4章 鉄道用車輪とレールの疲労損傷―世界各国の鉄道の課題と用語(Terminology)
第5章 鉄道用レールの曲げ応力―軌道剛性・軸距・台車中心間距離・摩耗の影響
第6章 レールの疲労損傷の破壊力学的解析1―Kidney‐Shaped Fatigue Crack
第7章 レールの疲労損傷の破壊力学的解析2―転動疲労亀裂の発生限度線図
第8章 レールの疲労損傷の破壊力学的解析3―レールの転動疲労亀裂の進展

著者等紹介

平川賢爾[ヒラカワケンジ]
大分県生まれ、三重県立宇治山田高校、京都大学工学部出身。専門分野、材料力学、材料強度学、機械材料学、材料損傷学。所属学会、日本機械学会、日本材料学会、日本鉄道技術協会。学歴・職歴、1963年京都大学大学院工学研究科航空工学専攻修士課程修了。1963年住友金属工業株式会社入社。1976年工学博士(京都大学)。1984年中央技術研究所研究企画部長。1990年研究開発本部副本部長。1992年上席研究主幹。1994年住友金属工業株式会社退社。1994年九州大学工学部教授。1999年九州職業能力開発大学校学校長。2003年ドイツ鉄道事故専門鑑定人。2006年九州職業能力開発大学校名誉校長。2007年金沢大学大学院未来技術創造支援センター顧問研究員。受賞、1969年日本機械学会論文賞。1982年米国機械学会論文賞。1999年日本機械学会賞材料力学部門研究功績者など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。