ハトと日本人

個数:

ハトと日本人

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年06月24日 06時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 170p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784863291713
  • NDC分類 488.45
  • Cコード C0045

出版社内容情報

ハトは、益鳥か、それとも害鳥か。

知っているようで知らないハトの生態を120点の写真とともに紹介。



ハトは――

・鳩乳(ピジョンミルク)で雛を育てる

・巣づくりの場所は雌が決める

・独特の繁殖戦略をもっている



八幡神の使い、平和の象徴として崇められ、伝書鳩として人の暮らしに重宝されてきた反面、食害や糞害をもたらしている鳥でもある。

本書は、この最も身近な鳥の生態観察の記録であり、人との関係をたどった〈ハト史〉でもある。

? キジバト

営巣場所は雄が探し、雌が決める/抱卵は雌雄交替で/雄も乳を与える/鳩乳(ピジョンミルク)/食性と食害



? アオバト

幻の巣を発見/ハト類の塩分摂取



? ドバト

日本への移入/鍾乳洞に巣くう/ドバト公害/伝書鳩/孔雀鳩/稲田でハシボソガラスに襲われる/ハイタカに急襲される



? いろいろなハト類

やはりいたカラスバト/熊本市動植物園のハト類



? ハト類と人間

「鳩」の地名/八幡神の使い/平和の象徴/人間が絶滅させたハト類三種/鳩を描いた傑作

大田 眞也[オオタ シンヤ]
著・文・その他

内容説明

八幡神の使い、平和の象徴として崇められ、伝書鳩として人の暮らしに重宝されてきた反面、食害や糞害をもたらしている鳥でもある。本書は、この最も身近な鳥の生態観察の記録であり人との関係をたどった“ハト史”でもある。写真120点を収録。

目次

1 キジバト(チョウゲンボウに擬態?!;東洋の鳩 ほか)
2 アオバト(幻の巣を発見;ハト類の塩分摂取 ほか)
3 ドバト(ドバトとは;日本への移入 ほか)
4 いろいろなハト類(マレーシア・サバ州で見たハト類;ホテルのベランダにズアカアオバトが ほか)
5 ハト類と人間(ハト類についての分類史;ハト(鳩・鴿)の語源と字源 ほか)

著者等紹介

大田眞也[オオタシンヤ]
1941年、熊本市生まれ。長年にわたり、さまざまな野鳥の生態観察と文化誌研究を続けている。日本鳥類保護連盟会員、日本自然保護協会会員、日本鳥学会会員、日本野鳥の会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件