もうひとつのこの世―石牟礼道子の宇宙

個数:

もうひとつのこの世―石牟礼道子の宇宙

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年12月02日 11時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 225p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784863290891
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

内容説明

人間に生きる根拠を与える、もうひとつのこの世、とは何か。石牟礼文学の豊かさときわだつ特異性はどこから来るのか。半世紀におよぶ交流から生まれた石牟礼道子論を集成。

目次

1(『苦海浄土』の世界;石牟礼道子の時空;石牟礼道子の自己形成;石牟礼道子小伝;「思想家」石牟礼道子;新たな石牟礼道子像を;生命の痛々しい感覚と言葉)
2(『苦海浄土・第二部』の真価;『西南役伝説』と民話的語り;帰れない者たちの逆さ図;水俣という文学風土;詞章『不知火』の誕生;海へ還った『不知火』;『天湖』の構造)

著者等紹介

渡辺京二[ワタナベキョウジ]
1930年、京都市生まれ。日本近代史家。主な著書『北一輝』(毎日出版文化賞、朝日新聞社)、『逝きし世の面影』(和辻哲郎文化賞、平凡社)、など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

i-miya

39
2013.07.07(読んだわけではありません、2013.07.07日経新聞読書欄から) (石牟礼道子作品への道案内) 水俣病に苦しむ患者と家族の姿、『苦海浄土』石牟礼道子。 石牟礼氏の書いた原稿、ほぼすべて清書するなど、「秘書役」を果たしてきた日本近代史家、渡辺京二氏。 石牟礼氏は、日本19世紀以降の日本文学を代表する作家として改めて注目されており、本書は、彼女の作品に足を踏み入れようとする人に、格好のみちゃんない。  2013/07/07

14番目の月

37
「彼女は記録作家ではなく一個の幻想的詩人なのである。」「知識と自我意識によって自然と分離する以前の前近代の民のコスモス感覚に基づかれたものである」なるほどとうなずける内容であるのですがいくつかの章の内容がかなり重複して書かれている。とても納得するのと同時に石牟礼さんの作品はあまり分析せずとも胸を打つということだけでいいと思ったのです。 2018/09/03

kiho

5
石牟礼道子という作家の背景を伝えてくれる一冊☆水俣病をどのように見つめ、患者の方とどのように向き合って作品を著したのか…知りえなかったエピソードに触れ、あらためて石牟礼さんの感じとる心の崇高さがわかった。2013/11/24

2
『苦海浄土』は水俣病を扱ったルポルタージュとして読まれる傾向があり、実際自分もそのように読んでしまったのだが、本書を読んで、あれは紛れもなく文学作品であることを知った。石牟礼道子が描くのは前近代の世界が近代と遭遇する事によって生じる魂の流浪なのだと、著者は語る。現在と過去が混淆し、この世と平行しつつこの世の存在を支える「もうひとつのこの世」を描く石牟礼道子の小説は日本の文学史の中で極めて重要なものであることを知ることができた。また、同じ著者の『逝きし世の面影』とも通じるところがあると感じた。2017/07/27

六風堂

0
石牟礼道子の世界を解説2016/04/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6864570

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。