宝子たち―胎児性水俣病に学んだ50年

個数:

宝子たち―胎児性水俣病に学んだ50年

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ A5判/ページ数 195p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784863290280
  • NDC分類 493.152
  • Cコード C0036

内容説明

胎児性水俣病の発見から半世紀。責任と認定の問題は未だ解決していない。胎児性水俣病が語る未来へのメッセージ。障害と共生する「いのち」の尊さ。

目次

未来のいのち―まえがきにかえて
第1部 子宮は環境(その頃、水俣と熊大では;宝子といわれて;遙か故郷を離れて;産むべきいのち;子宮は胎児を護ってくれない;枯葉剤はまかれた;へその緒と出会う;母は原爆を浴びた;母の胎内で被曝か)
第2部 生と死の闘い(ある女性水俣病患者の死;千鶴さん;せめて花嫁衣裳を;ふうてん)
第3部 医の倫理(いのちをつなぐ;子宮は環境ということ―胎児にとって公害も薬害も区別がない;戦争で使われた化学物質の影響;水俣における差別;ノーヒロシマ、ノーボパール;水俣学と環境倫理)