正論で経営せよ―技術立国ニッポン復活へ、54の提言

個数:

正論で経営せよ―技術立国ニッポン復活へ、54の提言

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2017年07月23日 16時05分現在)
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/高さ 19cm
  • 商品コード 9784863101814
  • NDC分類 509.21

内容説明

産業界に大きな衝撃を与えたエルピーダメモリの不本意な「敗戦」は、5年前のことだった―。シャープ、ソニー、東芝など、その後も次々と明るみに出る、国内電機メーカーの経営不振。マネジメントの立場からその原因と解決策を提示する。

目次

第1章 改めて、米国流マネジメントを見直すとき(日本の「ものづくり」産業における凋落の要因と甘えの構造を考える;製造業衰退の最大要因はマネジメントの怠慢にあり ほか)
第2章 経営者に必要な資質を、勘違いしていないか(半導体人生の土台を築いてくれた外資系企業での体験;数字がもっとも雄弁にものをいう厳しい成果主義の世界 ほか)
第3章 どうすれば、ほんとうの国際化ができるのか(最後の国産半導体メーカーの社長に就任し、再建のための改革に着手;過去最高益を記録するも、外部環境の激変に見舞われて破たんの道へ ほか)
第4章 モノを売るより、知恵をしぼってアイデアを売れ(日本の製造業が直面している、ハード型からソフト型への流れを自覚せよ;新しい産業をつくり、巨大な市場を生み出す、米国の若さ、柔軟さに学ぶ ほか)
第5章 過酷な世界の半導体業界での生き残り戦略(しのぎを削る日米中台韓。日本は水平分業型モデルへの転換を急げ;無尽の製造能力を有する中国企業。OEMに特化して急成長した台湾企業 ほか)

著者紹介

坂本幸雄[サカモトユキオ]
1947年、群馬県生まれ。日本体育大学卒。野球の指導者を目指すも教員試験に失敗、日本テキサス・インスツルメンツに入社。倉庫番からのたたき上げで、43歳の若さで日本テキサス・インスツルメンツ取締役副社長に。その後数社を経て、2002年にエルピーダメモリ株式会社社長に就任。短期間で業績を改善して「半導体業界の救世主」と呼ばれる。2012年に会社更生法の適用を受けたエルピーダを米マイクロン・テクノロジー社に売却に売却、2013年退社。現在は、サイノキングテクノロジージャパン代表取締役兼CEO(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)