カンフォータブル・ケアで変わる認知症看護

個数:

カンフォータブル・ケアで変わる認知症看護

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 180p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784862940612
  • NDC分類 492.9
  • Cコード C3047

出版社内容情報

日本の認知症看護の臨床が生んだケアメソッド カンフォータブル・ケアカンフォータブル・ケアは,「快の刺激」に着目したケア技術です。カンフォータブルとは英語で,「心地よいこと,快刺激」と訳されます。すなわちカンフォータブル・ケアとは認知症者が心地よいと感じる刺激を提供することで認知症周辺症状を軽減するためのケア技術です。本書は,このカンフォータブル・ケアを中心に,認知症者へのケアを最適なものにするためにケアする者が身につけておくべき「(広義・狭義の)アクティビティ・ケア」「身体拘束最小化」を解説します。認知症ケアで燃え尽きてしまう前に,レッツ・カンフォータブル・ケア。

part1 カンフォータブル・ケア
 カンフォータブル・ケアの成り立ち
 快刺激と不快刺激について考える
 #01 常に笑顔で対応する
 #02 常に敬語を使う
 #03 相手と目線を合わせる
 #04 相手にやさしく触れる
 #05 相手をほめる
 #06 こちらから謝る態度をみせる
 #07 不快なことは素早く終わらせる
 #08 演じる要素をもつ
 #09 気持ちに余裕をもつ
 #10 相手に関心を向ける
 事例でみるカンフォータブル・ケア

part2 アクティビティ・ケア
 アクティビティ・ケアとは
 狭義のアクティビティ・ケア
 広義のアクティビティ・ケア
 #01 食事
 #02 排泄
 #03 入浴
 #04 移動
 #05 コミュニケーション

part3 身体拘束最小化
 カンフォータブル・ケアと身体拘束 1
 カンフォータブル・ケアと身体拘束 2

part4 家族ケア
 認知症ケアに欠かせない家族ケア

南 敦司[ミナミ アツシ]
著・文・その他