国難の正体―日本が生き残るための「世界史」

個数:

国難の正体―日本が生き残るための「世界史」

  • ウェブストアに12冊在庫がございます。(2019年06月18日 16時19分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 289p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784862860651
  • NDC分類 304
  • Cコード C0095

内容説明

元大使が緊急提言。公開情報だけで「世界」を読み解く。戦後世界史の謎。

目次

第1章 戦後「世界史」の正体(冷戦は八百長だった;中華人民共和国建国の謎;朝鮮戦争の謎;ベトナム戦争の謎;第四次中東戦争と石油危機の謎;湾岸戦争の謎;アフガニスタン戦争の謎;イラク戦争、東欧のカラー革命、「中東の春」現象の謎)
第2章 超大国「アメリカ」の正体(アメリカの世界戦略は誰が決めているか;イギリス金融資本家の軍門に下ったアメリカ;アメリカの大富豪は「共産主義者」である;「アメリカ人」のいないアメリカ)
第3章 日本「国難」の正体(アメリカは占領時代に日本に何をしたか;冷戦終了後日本がアメリカの「仮想敵国」になった;現在進行中のアイデンティティ破壊工作;ウクライナ大飢饉の教訓)
第4章 明日の日本の生きる道(日本型民主政治の再生;日本外交の新境地;グローバリズムを阻止する方法;究極の日本中立化構想)

著者等紹介

馬渕睦夫[マブチムツオ]
元駐ウクライナ兼モルドバ大使。前防衛大学校教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件