知泉学術叢書<br> ゲーテとドイツ精神史

個数:

知泉学術叢書
ゲーテとドイツ精神史

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 472p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784862853080
  • NDC分類 940.28
  • Cコード C3310

内容説明

本書ではカッシーラーの遺稿集のうちゲーテを論じた第10巻と11巻から主要なものを編集、訳出した。カッシーラーの体系的文化哲学「象徴形式の哲学」の源泉的モチーフはゲーテの芸術理論と科学理論に由来する。その自然観、芸術観の根幹は「有機的形態の形成と変成」であり、そこにゲーテの象徴論の要諦を見る。彼はゲーテのテキストに向き合い、哲学的、科学史的そして文芸学的関心を注いだ。

目次

第1部 ゲーテと精神史のための論集(ドイツ精神史をめぐる哲学的諸問題と諸傾向;ゲーテにおける教養と教育の理念;ゲーテの内的形式の理念;ゲーテの内的形式の理念―第一講義「人間」(1935)
ゲーテの内的形式の理念―第二講義「自然」(1935) ほか)
第2部 ゲーテ講義集(若いゲーテ1;若いゲーテ2;ゲーテの精神的業績)

著者等紹介

田中亮平[タナカリョウヘイ]
1953年長崎県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。1980年岡山大学教養部助手、1990年創価大学文学部助教授、現在、同大学文学部教授、大学院文学研究科教授、副学長。専攻:18世紀後半のドイツ文学。ヴァイマル・ゲーテ協会、日本ゲーテ協会所属

森淑仁[モリヨシヒト]
1940年神奈川県生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学、2004年東北大学大学院文学研究科教授を定年退職。現在、東北大学名誉教授。専攻:ドイツ文学、文化哲学。ヴァイマル・ゲーテ協会、国際エルンスト・カッシーラー協会所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。