ギュンター・グラスの世界―その内省的な語りを中心に

個数:

ギュンター・グラスの世界―その内省的な語りを中心に

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 302p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784862650658
  • NDC分類 940.28
  • Cコード C1098

内容説明

つねに実験的方法に挑み、政治と社会から関心を失わなかったノーベル賞受賞作家グラス。彼の仕事を真正面から論ずる日本で初めての試み。

目次

第1章 ギュンター・グラスの語りとその背景
第2章 過去の内省と現実認識―ダンツィヒ三部作
第3章 複合的形式の実験とグローバル意識―一九六〇年代から七〇年代
第4章 破局を前にした語り―一九八〇年代
第5章 自明性の喪失と重層的・多声的語り―一九九〇年以降
第6章 グラスの内省的語りとその媒体性の考察

著者等紹介

依岡隆児[ヨリオカリュウジ]
1961年高知県に生まれる。東京都立大学大学院人文科学研究科、独文学博士課程中途退学、博士(文学)(東北大学)現在、徳島大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。