「至極」のラーメンを科学する

個数:
電子版価格 ¥1,386
  • 電書あり

「至極」のラーメンを科学する

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月16日 18時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 199p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784862556226
  • NDC分類 596.3
  • Cコード C0030

出版社内容情報

今、環境問題やテクノロジーが食を変えようとしている。ラーメンも無縁ではいられないだろう。
これから食の世界はどう変わっていくのか。ラーメンを切り口に進化する食の世界を訪ね歩いてみた。

100年後、私たちの子どもたちは今の私たちと同じように浅草来々軒の『らうめん』を食べているだろうか?
それともまったく別の何かをラーメンと呼んでいるのか?

SDGsからバーチャルリアリティまで、未来のラーメンの姿から、これからの食を探索したい。


【構成】
はじめに
第1章 ヴィーガン、人造肉、昆虫、変わる食材 地球を救うラーメンとは?
第2章 人類はラーメンさえ食べていればいい 完全食品としてのラーメン
第3章 未来のチャーシューは通電済み アンドロイドは電気チャーシューの夢を見るか
第4章 舌を操るテクノロジー 科学が生み出す、まぼろしラーメン
■プロが考える100年後のラーメン
・新横浜ラーメン博物館の考える100年後のラーメン
・創業100年の製麺メーカーが考える未来のラーメン
・業務用ラーメンの視点で未来を覗くと……
おわりに

内容説明

ラーメンは地球を救えるのか?うま味はサステナブルなのか?SDGsからバーチャルリアリティまで、究極の味を求める2XXX年ラーメンの旅。

目次

1 ヴィーガン、人造肉、昆虫、変わる食材 地球を救うラーメンとは?(コオロギと大豆で地球を救う?;食糧危機まで秒読み開始 ほか)
2 人類はラーメンさえ食べていればいい 完全栄養食品としてのラーメン(ラーメンは完全栄養食品か?;ラーメンで全栄養は難しい ほか)
3 未来のチャーシューは通電済み アンドロイドは電気チャーシューの夢を見るか(低温調理が起こしたチャーシュー革命;ピンク色のチャーシューの作り方 ほか)
4舌を操るテクノロジー 科学が生み出す、まぼろしラーメン(電気で味覚を変える?;味とは何なのか? ほか)
〆 プロが考える100年後のラーメン(新横浜ラーメン博物館の考える100年後のラーメン;創業100年の製麺メーカーが考える未来のラーメン ほか)

著者等紹介

川口友万[カワグチトモカズ]
出版社勤務を経て99年よりライターに。これまで科学情報サイト「サイエンスニュース」の編集統括や不定期でバー「科学実験酒場」を経営するなど、様々な角度から科学をテーマに活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

tetsubun1000mg

11
前作の「ラーメンを科学する」を読んでいたのだが忘れてしまっていた。 タイトルで選んたが味を探求するグルメ本ではなく、理系の分析的手法と実験によりラーメンの味を調査していく本だった。 読者を楽しませようと少々脱線した実験も入れながらも飽きさせない文章。 冒頭の「ビーガン」向けラーメン実食編は、ラーメン専門店では塩味と刺激しか感じられなかったが、ビーガン料理専門店では酵素や豆乳、野菜などを使って奥深い味を作り上げているなど興味深かった。 科学的研究だけでなく、出汁などの味を分析できる舌も持っている方の様だ。2022/01/14

スプリント

8
単純なラーメン賛歌で終わらず とても多角的にラーメンを科学し食生活の未来まで考察しています。2021/12/31

つーちゃん

6
飲み屋で面白いおじさんが隣にいて、冗談半分で話を聞いていたら、科学による味覚操作や新しい時代の食について知ることが出来て意外と勉強になった感じ。途中からラーメンから脱線しまくって馬鹿馬鹿しい実験もし出すんだけど、面白かった◎2022/03/02

Go Extreme

4
ヴィーガン、人造肉、昆虫、変わる食材 地球を救うラーメン: コオロギと大豆で地球を救う 食糧危機まで秒読み開始 日本の農業が世界を救う 人類はラーメンさえ食べていればいい 完全栄養食品としてのラーメン: ラーメンは完全食品か? ラーメンで全栄養は難しい 完全栄養食品ソイレントの衝撃 食とはエネルギーの補給ではない アンドロイドは電気チャーシューの夢を見るか 舌を操るテクノロジー 科学が生み出す、まぼろしラーメン 〆プロが考える100年後のラーメン: 100年後のラーメン 業務用ラーメンの視点で未来を覗くと2021/12/29

Koichi Yamashita

2
ラーメンを科学するってなんだ?近い未来のラーメンって切り口で人造肉、昆虫食の科学的アプローチにはじまり、ラーメンで完全栄養食は可能か?そして、そもそも味覚とは美味しいとは?と新しく面白い話題満載で一気に読んだ。前作の「ラーメンを科学する」も読んでみたい。2022/05/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18929624

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。