VECTORWORKS ARCHITECTで学ぶ住宅設計のためのBIM入門

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 239p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784862464378
  • NDC分類 527.1
  • Cコード C3055

出版社内容情報

大手だけでなく中小規模の建築事務所でも広がっている「BIM」をVECTOR WORKSで活用するための1冊「BIM(Building Information Modeling)」は、これまでのCADソフトでの設計や図面製作にとどまらず、実際に使われる建築素材のデータも利用することで、資材管理やコスト管理など建築から施工、さらには維持管理までのすべての工程で活用でき、建築に関するあらゆる業務の大幅な効率化を図ることができる仕組みです。
これまでは大手のディベロッパーで使われてきましたが、最近では中小規模の建築事務所でも注目されています。
本書では、小さい規模の建築でもBIMのメリットを分かっていただけるように、VECTORWORKS ARCHITECTで木造住宅を3Dモデル製作し、そこから建築図面の作成やさまざまなデータの取り出し方など、BIMの活用方法の詳細を解説します。

Chapter 1 住宅作成のための基本設定
 01 基本の設定
 02 「木造BIMツール」を準備
 03 「木造建具ツール」を準備
 04 モジュール設定(通り芯設定)
 05 ストーリを設定
 06 スペースを設定
 07 壁スタイルを作成
 08 屋根スタイルを設定

Chapter 2 住宅をモデリング
 01 本書で作成する住宅
 02 スペースを配置
 03 外壁をモデリング
 04 内壁をモデリング
 05 窓を配置
 06 室内建具を配置
 07 2階をモデリング
 08 屋根を作成
 09 屋根をガルバルーフにする
 10 破風・鼻隠しを作成
 11 床スラブを作成
 12 天井スラブを作成
 13 基礎を作成
 14 階段を作成
 15 構造材を作成

Chapter 3 住宅モデルから図面を作成
 01 住宅モデルから作成する図面
 02 シートレイヤとビューポート
 03 平面詳細図を作成
 04 立面図を作成
 05 展開図を作成
 06 断面図・矩計図を作成
 07 プレゼンボードを作成
 08 面積表を作成
 09 仕上げ表を作成
 10 居室の面積を集計
 11 積算資料を作成
 12 敷地図を作成

原口 広[ハラグチ ヒロシ]
著・文・その他

佐藤 和孝[サトウ カズタカ]
著・文・その他

内容説明

サンプルを作りながらBIMをマスター。中小規模の建築にまで広がりを見せている「BIM(Building Information Modeling)」。木造住宅を事例に、設計からモデリングを行いながら、各種の図面や展開図、面積表、数量拾いなど必要な情報が、1つのモデルから簡単に作成できる。

目次

1 住宅作成のための基本設定(基本の設定;「木造BIMツール」を準備 ほか)
2 住宅をモデリング(スペースを配置;外壁をモデリング ほか)
3 住宅モデルから図面を作成(シートレイヤとビューポート;平面詳細図を作成 ほか)
付録(スペースの応用;異なるレンダリング方法を使ったプレゼン)

著者等紹介

原口広[ハラグチヒロシ]
福岡県田川市。有限会社原忠代表取締役

佐藤和孝[サトウカズタカ]
エーアンドエー株式会社プロダクトマーケティングマネージャ。大学時代に建築を学び、エーアンドエーに入社。2006年にサーモレンダーの立ち上げに携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。