東京五輪大化け株BEST10―テンバガーで10倍儲ける!

個数:

東京五輪大化け株BEST10―テンバガーで10倍儲ける!

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 207p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784862042606
  • NDC分類 338.155
  • Cコード C0033

内容説明

東京五輪関連250銘柄をセレクト。小型株や連想株を主体に100銘柄を選出。朝香の10倍株の法則に従って、100銘柄をランキング。

目次

第1章 日本復活!株式市場は下落の20年から上昇の20年へ(リスクオン加速!世界は「流動性相場」の再来、日経平均3万円!!―世界同時株高へ;脱デフレ、そして日本復活へ加速するアベノミクス―日本経済は個人消費主導で回復軌道へ;日銀がハードルを上げて市場の後押しを強化―日本は世界と同じく正常に物価が上がる社会に;海外から寄せられる日本市場への期待;今後の日本市場)
第2章 なぜ、東京五輪で株はチャンスなのか?(第4の矢、日本の復活と新成長を決定づける五輪の経済効果―日本は世界各国のロールモデルになることができる;五輪の株高効果―1996年のアトランタ(米国)以降、全てのケースで上昇
有望テーマ1:インフラ・不動産・金融―狙うはど真ん中銘柄よりも周辺銘柄
有望テーマ2:スポーツ・エンタメ
有望テーマ3:おもてなし(ビジットジャパン)・クールジャパン
有望テーマ4:Japan is Back)
第3章 これから10倍儲かる「隠れた東京五輪大化け株BEST10」候補100

著者等紹介

朝香友博[アサカトモヒロ]
2013年、5つの10倍株をヒットさせ、投資ブロマガランキング1位を獲得したブログ「『大化け株投資』のすすめ」を主宰。産業トレンドを先読みし、新たな成長ビジネスの創造を担うクリエーターとして、年間500社に及ぶ企業の売上拡大や見本市を中心とした市場開拓を支援している。成長企業アナリスト/成長ビジネスクリエーター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

芸術家くーまん843

4
東京五輪の大化け株を予想するという切り口で上昇が期待できる100銘柄を厳選ランキング順で紹介。推奨銘柄モノは当たり外れやタイムラグが発生することもあり注意が必要だが6年後の東京五輪の予想銘柄ということでターゲットを絞り込む参考になる。東京五輪の有望銘柄といえば当然大成建設や三井不動産、電通などが挙げられるがコンセプトはその周辺にひっそりと存在している隠れた東京五輪大化け株を狙うこと。今後有望なテーマに合わせ巻末には袋とじで割安な順から有望銘柄上位10社を紹介。今後東京五輪関連株に興味がある方向けの一冊。2014/01/02

よねちゃん

0
後から検証してみると、全然あたってない(笑)2014/01/15

kunihiko@240mercer

0
ほんとにとばしよみで2014/01/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7841647
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。