聖地(スピリチュアル・スポット)をたどる旅 熊野―いにしえの神々が住む、よみがえりの郷

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 143p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784862042309
  • NDC分類 291.66
  • Cコード C0026

内容説明

地元で暮らす著者が教えるスピリチュアルな熊野の歩き方。

目次

第1章 熊野三山を巡るエリア(熊野本宮大社;ちちさま(乳子大師) ほか)
第2章 自然崇拝の源泉をたどるエリア(花の窟神社;大馬神社 ほか)
第3章 黄泉の国、奥熊野の自然にふれるエリア(玉置神社;骨置神社 ほか)
第4章 よみがえりの道、熊野古道を歩く(中辺路/発心門王子~本宮大社ルート;中辺路・大日越/湯の峰温泉~本宮大社ルート ほか)
第5章 よみがえりの湯・熊野の温泉(本宮温泉郷;南紀勝浦温泉郷 ほか)

著者等紹介

原水音[ハラミオ]
スピリチュアルバースアドバイザー、歌手。22歳で渡米し、カリフォルニア山中にて結婚、出産。屋久島を経て、熊野の山奥に移住。三男一女の母親として、持続可能な未来を目指し自然と共存するシンプルな暮らしを実践中。電気もガスも使わない山奥暮らしや、自宅出産、自然育児体験をもとに、母と子の魂の絆を大切にしたスピリチュアルなお産と子育てに関する講演活動を行っている。また、知られざる熊野のスピリチュアルスポットや滝、川などの自然を巡る旅を企画し、夫婦ふたりで旅のガイドを行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

風竜胆

3
スピリチュアルといったような西洋からの借り物の言葉を使われると、途端にどこか胡散臭さが漂ってくる。熊野の地には、やはりカタカナ言葉は似合わない。 2012/10/27

KiKi

2
この本ではそんな熊野の必ずしもメジャーとは言い難い場所までもをとりあげ、周辺地図も収録され、図版も多い・・・・とまさに至れり尽くせりのガイドブックだったと思います。  又、個人的には最後の章で触れられていた「熊野の食 ~四季折々の美味~」を興味深く読みました。  土地柄的には決して地味豊かとは言い難い(ようするに田んぼや畑が作りにくい)場所に暮らしてきた人々がどんなものを食してきたのか?は他の旅行ガイド本ではなかなか出会えない情報なのではないかと感じられました。 ただ個人的には「スピリチュアル」という言2012/10/07

Eddie

0
聖地なのに開放感のある熊野、いいトコロです。2012/12/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5477151

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。