“理想”を擁護する―戦争・民主主義・政治闘争

個数:

“理想”を擁護する―戦争・民主主義・政治闘争

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 291p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784861821912
  • NDC分類 311.04
  • Cコード C0010

内容説明

“正義”の名のもとに続く、終わりなき世界規模の「対テロ」戦争。世界で、アメリカで、宙吊りにされる“理想”。いま問われる、擁護すべき「永久平和」の“理想”とは、何か?現代アメリカでもっとも注目される思想家ドゥルシラ・コーネルによる実践的“理想”論。

目次

第1章 イラクにおいて生きることと死ぬこと―死に至らしめるトークと正戦論の限界
第2章 引き裂かれた世界―永久平和と終わりなき戦争
第3章 人間性の多彩なヴィジョン―ジョン・ロールズ『万民の法』
第4章 人間の潜在能力を開発する―自由、普遍性、礼節性
第5章 文明化、進歩、そして彼方へ
第6章 ナショナリズムを再考する―フェミニズムと反軍事主義の理想
第7章 別の家族の物語―トランスナショナルな養子縁組の倫理と政治

著者等紹介

コーネル,ドゥルシラ[コーネル,ドゥルシラ][Cornell,Drucilla]
1950年、アメリカ合衆国カリフォルニア州生まれ。南アフリカのケープタウン大学教授(私法担当)。合衆国のラトガース大学教授(政治学・女性研究・比較文学)を兼任。カリフォルニア大学ロサンジェルス校ロースクール修了(法学博士)ポストモダン系フェミニズム法哲学の開拓者として知られる

仲正昌樹[ナカマサマサキ]
1963年、広島県生まれ。金沢大学法学類教授。政治思想史・社会哲学。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(学術博士)

近藤真理子[コンドウマリコ]
1978年生。東京大学大学院学際情報学府博士課程学際情報学在学中。専攻、文化研究

高橋慎一[タカハシシンイチ]
1978年生。立命館大学文学研究科博士後期課程単位取得退学。専攻、社会思想史・社会学

高原幸子[タカハラサチコ]
1971年生。中京大学ほか教員。大阪大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。専攻、開発とジェンダー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヒナコ

2
9.11以降のアメリカにおけるリベラリズムの紛糾を反映してか、進歩や普遍性を扱った部分をフォローするのに骨が折れた。ただ、6章「ナショナリズムを再考する」の議論は具体的であり明確で、革命的アフガニスタン女性協会とアメリカのフェミニスト・マジョリティの対立や、イスラエルから始まって世界に増殖した祈祷グループ「黒衣の女性たち」によるラディカルな実践の紹介は今日的なフェミニズムの課題を浮き彫りにしていると思われる。「黒衣の女性たち」が喪を再配分するという議論は『生のあやうさ』以降、重要な反戦思想になるだろう。2017/05/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/117782
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。