• ポイントキャンペーン

ハンナ・アーレント―“生”は一つのナラティヴである

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 329p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784861820915
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C0010

内容説明

戦争と革命、哲学と政治の十字路に立つアーレントの“生”とは何か。20世紀をともに生き、思考しつづけた2人の女性思想家の出会いによって生まれた、思想家論/評伝の傑作。

目次

第1章 人生は一つの物語である(「かくも剥き出しに曝された」伝記;聖アウグスティヌスによる愛;範例の意味―ラーエル・ファルンハーゲン ほか)
第2章 過剰な人類(ユダヤ人であること;構造の要素のなかで…;現代の反ユダヤ主義とは何か ほか)
第3章 思考・意志・判断(「誰」と身体;思考する“自己”の対話―「断層」、メランコリー、独裁;内的人間から、生命プロセスの暴力へ ほか)

著者等紹介

クリステヴァ,ジュリア[クリステヴァ,ジュリア][Kristeva,Julia]
文学理論家、精神分析家、哲学者。1941年、ブルガリアのユダヤ系の家庭に生まれる。1965年、留学生としてパリに移住。1973年より、パリ第7(ドゥニ・ディドロ)大学教授

松葉祥一[マツバショウイチ]
神戸市看護大学教授。専攻:哲学

椎名亮輔[シイナリョウスケ]
同志社女子大学学芸学部音楽学科助教授。専攻:音楽美学

勝賀瀬恵子[ショウガセケイコ]
龍谷大学非常勤講師。専攻:哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。