地域が創る「あさか舞」―福島県郡山ブランド米の産地像

個数:

地域が創る「あさか舞」―福島県郡山ブランド米の産地像

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月01日 20時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 298p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784861633812
  • NDC分類 611.33
  • Cコード C3061

内容説明

福島県郡山地域は、日本有数の稲作地として、良質の米を生産し、業界では高く評価されてきた。しかし、業務用米の産地とみなされることが多く、全国的な知名度は不充分だった。そこで、市や農協が中心となって、地域ブランド米「あさか舞」を打ち出し、また東日本大震災の風評被害に打ち勝つため、高級ブランド米「ASAKAMAI887」を開発してきた。農家、加工業者、製造業者、農産物直売所、農協、市役所など、産地の諸主体が郡山米の地域ブランド化にどう関わっているか、その意欲や工夫、葛藤や困難を捉える。

目次

序章 地域ブランド米と産地の問題
第1章 郡山米から「あさか舞」へ
第2章 「あさか舞」の生産・流通・販売
第3章 農協がブランド化する「あさか舞」
第4章 「あさか舞」を使った地産品
第5章 農村女性の6次化と農産加工
第6章 「ASAKAMAI887」生産に挑む
終章 郡山産米の意義、課題、展望

著者等紹介

滝波章弘[タキナミアキヒロ]
東京都立大学准教授。専門分野は、地誌学、文化地理学、フランス語圏研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。