ノクスノベルス<br> 信長の妹が俺の嫁〈1〉―戦国時代で愛する妻と楽しく生きよう!

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

ノクスノベルス
信長の妹が俺の嫁〈1〉―戦国時代で愛する妻と楽しく生きよう!

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月25日 03時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 280p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784861348952
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報



井の中の井守[イノナカノイモリ]

山田の性活が第一[ヤマダノセイカツガダイイチ]

内容説明

試験勉強中に寝落ちしてしまった男子学生、深井長政。目覚めると、そこは戦国時代!?彼はなんと戦国大名“浅井長政”となっていた。そして長政はあることに気づく。浅井長政の妻と言えば…そう、織田信長の妹“市姫”だ!戦国時代で絶世の美女と言われた彼女と、長政はイチャイチャな毎日を堪能することになる。また、長政は大名としても辣腕を振るう。浅井家の領地を開拓するため、家臣との繋がりを強くしようと市姫とともに奔走。しかし、そんな中、隣国“六閣家”が浅井家の領地に攻めてきたとの一報が入り…!?ネットで250万人を魅了した歴史ファンタジー、大幅な加筆と書き下ろしを加えてついに書籍化。

著者等紹介

井の中の井守[イノナカノイモリ]
歴史ファンタジー小説の自給自足も兼ね、2015年8月より小説投稿サイト「ノクターンノベルズ」にて『信長の妹が俺の嫁―戦国時代で愛する妻と楽しく生きよう!』の執筆を開始。大きな反響を受け、書籍化に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

サケ太

10
すこーしちがう戦国時代で。浅井長政になった少年が現代の知識と常識で、家臣や嫁の心を解し、領地の開発に取り組む。嫁、市姫の美人振りとエロさは最高。今巻では織田信長などの多勢力の重要人物は出なかったし、戦も最後にちょろっとだけ。読みやすくて楽しいんだが、序盤過ぎて、魔物の存在する戦国時代がどう進むやら不安。読み続けて行きたいとは感じた。2016/07/12

nishiyan

6
歴史好きの高校生、深井長政は学期末試験の勉強をしていたものの、猛烈な睡魔に襲われて眠ってしまう。目が覚めると時は戦国時代、織田の姫である市姫との婚礼を控えた浅井長政になっていたという転生もの。魔物がおり、愛馬がユニコーンというファンタジー要素がたっぷりでまるで異世界なのだが、浅井家中など登場人物は史実を押さえて描かれているので、読んでいて楽しい。市との新婚生活はギャップがありながらも甘い。閑話での市の話は本編を補完していて、そういうことかと納得できた。六閣家の侵攻をどう乗り切るのか楽しみだな。2017/10/16

3
高校生が戦国時代の浅井長政に転生(?)した、という歴史ファンタジー作品。ノクターンノベルスで連載しているR18作品の様で、市との夜の生活のエロ描写もありつつ、比重は歴史シミュレーションの方が高め。というか、何か雰囲気が二分していて面白い。2018/07/12

菊地

1
パラレル戦国時代転生もの。割とメジャーな歴史・登場人物が多いから読みやすい。雰囲気もラブくて、エロくていい感じ。2017/03/11

チハ

1
★★★★★2016/07/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11065011
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。