アリアンローズ<br> 義妹(いもうと)が勇者になりました。〈4〉

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

アリアンローズ
義妹(いもうと)が勇者になりました。〈4〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月08日 18時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 306p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784861347870
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

勇者として召喚された義妹に巻き込まれ、異世界へやってきた女子高生、里桜(リオ)。手に入れた「闇」の力を使って、元の世界へもどるためにマイペースに暗躍中。義妹の天音(アマネ)が多数の魔物に侵入された「風の聖域」へ向かうと聞き、心配したリオは先回りして魔物退治をすることに。風の魔法しか使えない聖域に苦戦するもどうにか魔物を一掃したリオ。ところが、最後に出てきた「風の精霊獣」は風の魔法が効かない上に「核を壊さずに捕まえて正常な状態に戻してくれ」って、何その無理ゲー!リオは無事に風の聖域を攻略し、アマネを守ることができるのか!?良心が駄々漏れで危なっかしい義妹と、影から支える苦労性のリオ、世界の謎が解き明かされていく第四弾!

著者等紹介

縞白[シマシロ]
『義妹が勇者になりました。』がネットで評判となり、2013年7月出版デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

すがやん

20
風の精霊達とのメテオストライクは面白かった。まだまだ物語は続きそうなのに、webも止まっているので続きは出そうにないのは残念。2017/02/27

T.Y.

6
天音が行く予定の風の聖域に先回り、魔物を一掃する里桜。だが風の魔法しか使えない聖域で風の精霊獣の暴走を止めるという困難なミッションに遭遇…。世界の秘密も概ね明かされたところで妹はようやく最初のダンジョンという状況で、久々に過保護な姉無双炸裂、難関のようでも戦闘はサックリ。相変わらず精霊やら何やらに愛されて(過度に)力を得ていく里桜が痛快。そしてサーレルオード公国に入り魔法研究者「教授」と出会うが…元の世界に帰るという目標への道はまだ困難なようで。アースレイ王子の豹変ぶりが一番笑った。2015/05/14

零崎夢織

5
銀の魔女降臨巻。 姉と妹どちらがしっかりしているのか、だんだん分からなくなってくる。2018/09/09

ジュン

5
癒される……。ハードな展開だけど、リオの口調が良いよね。そして、コミュニケーションって、それは誤用だと思う。いや、そういう対処が必要な人もたまには居るとは思うけど。書き下ろしがあって、嬉しかった。席順が、文面と挿絵で違う気がする。挿絵だと違和感ないけど、アデレイトの隣はバルドーだと思う。2015/05/31

一条梓(アンフィトリテ)

2
図書館で借りました。これ以降まだ続きがない。結局姉妹はどうなるのか?わからない。2019/06/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9691048

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。