マッグガーデンコミックス・アヴァルスシリーズ<br> 椎名くんの鳥獣百科 〈2〉

電子版価格
¥605
  • 電書あり

マッグガーデンコミックス・アヴァルスシリーズ
椎名くんの鳥獣百科 〈2〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 148p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784861279096
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あーさん☆転スラ·薬屋·本好き·魔導具師ダリヤ続々アニメ最高です!!(⁠≧⁠▽⁠≦⁠)

40
コミュニティの為に再読。2019/02/06

カナン

25
完結記念に再読。ポニーなら笑うけどエレベーターからシマウマが出てきたら腰が抜ける(笑) 小生意気な帰国女子の一年生、笑うことが出来ない十三歳の天才少年。フレッシュな面々が増える一方、過去編の幼い椎名の撫で回したい可愛さよ。学長選で対立する飛鳥と玄海の派閥争いの中、危うくとんでもないことになりかけた柳准教授もまた心の柔い部分に付け込まれていたのだと思うとこの作品の登場人物は皆それぞれ不器用で、だからこそ動物達に入れ込んで慈愛と敬愛と盲目的な崇拝が入り混じるのかな。でもダークホース椎名が全部持ってったけど。2019/10/25

Haru

22
昔の教授たち、やけにカッコ良かったですね・・・しーちゃんたちも20年後はあんな風になっちゃうんだろうか。幼い頃の約束をやけに素敵に告げた(しかも笑顔付き)ので、完結かと思ったのですが、まだ続くのですね、よかったです。並木くんに作ってあげたりんご動物園、私にも作って欲しいな~。2012/02/18

masa@レビューお休み中

22
物語はいろんな意味で飛躍しすぎているので現実的ではないんだけど、まぁそこはマンガの世界なのでフィクションだと思えば楽しい。人と人との関係、人と動物との関係、どちらが良いというのではなく、どちらも難しいからもっと知りたいって思うのかもしれませんね。そんなことを思いながら読んでました。2012/01/02

SoRa@脱☆積読本

17
シマウマと友達の男子学生、椎名にどことなく似ている中学生にしてペンギン博士の並木くん、椎名と花の出会い、教授たちのほの暗い過去――。今回も盛りだくさん。「死の恐怖はいつも突然 降りかかってくる 昨日笑っていた友人が前ぶれなく 面会謝絶になる事が何度もあった ……今日のように」涙がほろほろ出ました。最近、自分の涙腺が心配です(笑)。2012/08/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4131456
  • ご注意事項