ジョージ・エリオットの異文化世界

個数:

ジョージ・エリオットの異文化世界

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 272p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784861103957
  • NDC分類 930.28
  • Cコード C0098

内容説明

『ミドルマーチ』や『ダニエル・デロンダ』に見られる仏教への言及を手がかりとして、19世紀イギリスの女流作家エリオットが持つ東洋への関心を探り出し、その作品の世界性と普遍性を明らかにする。

目次

ジョージ・エリオットの異文化世界
『牧師たちの物語』(「エイモス・バートン師の悲運」―時間と感情の交錯;「ギルフィル氏の恋物語」―現実と共感;「ジャネットの悔悟」―必然性と秩序)
『アダム・ビード』―ヘティーの本性と悲哀
『フロス河の水車場』―苦難と再生
『サイラス・マーナー』―今ひと時の豊かなコミュニケーションと愛と人生
『ロモラ』―西洋と東洋の心の絆を求めて
『急進主義者フィーリックス・ホルト』―トランサム夫人の“Love”「慈悲」:魂の言語
『ミドルマーチ』―現実と幻想:東洋仏教文化思想と西洋風ブッダ
『ダニエル・デロンダ』―母と子:仏教説話、捨身飼虎

著者等紹介

高野秀夫[タカノヒデオ]
1969年駒澤大学大学院人文科学研究科英文学専攻修士課程修了。1971年~駒澤大学北海道教養部講師。1989年~駒沢短期大学教授。2006年~駒澤大学総合教育研究部教授。レスター大学客員研究員、ウォーリック大学客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。