はじめての応用行動分析 日本語版 (第2版)

個数:

はじめての応用行動分析 日本語版 (第2版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年02月18日 20時03分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 409p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784861080159
  • NDC分類 371.4
  • Cコード C3011

内容説明

本書は、アマゾン・ドット・コムの評価でも5つ星を獲得している行動分析学の入門書として有名な一冊です。実践家は、常にデータに基づいて自分自身の実践を評価し、有効な指導法を見つけていかなければなりません。この本は、そういうscientific practitionerとしての姿勢が一貫して強調されています。

目次

応用行動分析の基本的な考え方
応用行動分析を適応するに当たっての責務
行動目標の作成
データの収集とグラフ化
データのグラフ化
一事例の実験デザイン
行動の生起頻度を増大させる随伴操作
不適切な行動を減少させる結果操作
分化強化:刺激制御とシェイピング
機能査定と機能分析
行動変容を般化させるために
行動事故管理の指導
教室での実践
専門的諸団体による嫌悪的な行動介入を避けるための決議

著者等紹介

佐久間徹[サクマトオル]
関西福祉科学大学教授。研究テーマは発達障害児のことばの指導

谷晋二[タニシンジ]
大阪人間科学大学助教授。研究テーマは行動分析による対人援助

大野裕史[オオノヒロシ]
吉備国際大学教授。研究テーマは発達障害を持つ児者、および彼らに関わる人々への応用行動分析的援助
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。