WIDE SHINSHO<br> つかず離れずいい関係

個数:

WIDE SHINSHO
つかず離れずいい関係

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年06月04日 11時34分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • サイズ B40判/ページ数 190p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784860815813
  • NDC分類 361.4
  • Cコード C0295

目次

プロローグ いい人間関係は「ほどよい距離」がつくります
第1章 「近づくほどわかり合える」のウソ
第2章 嫌いな人がいなくなる「ほどよい距離」があります
第3章 恋も友情も「くっつきすぎ」は壊れやすい
第4章 人と人、少し離れると素顔が見えてきます
第5章 ゆるやかで自由な関係ですべてがうまくいく
第6章 離れていても「温かさを感じさせる人」ってどんな人?
エピローグ 「孤独」は自分を豊かにします

著者等紹介

和田秀樹[ワダヒデキ]
1960年大阪府生まれ。東京大学医学部卒、東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローを経て、現在は精神科医。国際医療福祉大学心理学科教授。和田秀樹こころと体のクリニック院長。一橋大学経済学部非常勤講師。川崎幸病院精神科顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

人との距離が近すぎると、見なくてもいい相手の「欠点」や「わがまま」「無理解」「無神経」などが見えてしまいます。相手との距離を縮めすぎると、時として相手の心に踏み込むことにもなり、相手には「うっとうしい」「大きなお世話だ」という気分を起こさせたりもします。
人と人との関係には「ほどよい距離」というものがあります。相手を少し離れて見ることで、その人のいいところ、悪いところといった、その人の全体が見えるものです。近すぎず、離れすぎず。そういう距離こそが人間関係を良好にできて、いい関係を持続させることができるのです。
「ほどよい距離」をとっていることで、「好き」「いい感じ」「いい人」でいられて、「嫌い」「めんどうくさい」「いやな人」にならないのです。
本書では、「人とはちょっと離れてみる」発想をもつこと、そうすることで「相手のことがよりよく見える」「いい関係が保てる」という、人間関係がうまくいく「ほどよい距離」について、精神科医の和田秀樹先生が具体的に解説します。この「ほどよい距離」のとり方は、親子間、夫婦間、恋人同士、会社の同僚や上司、隣人など、「人とつきあう」あらゆる関係に通じています。