「今、ここ」にある幸福

個数:

「今、ここ」にある幸福

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年04月16日 23時39分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 204p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784860294861
  • NDC分類 159
  • Cコード C0095

出版社内容情報

ベストセラー『嫌われる勇気』の著者による、人生をよりよく生きぬくための36のヒントがここに。生きる勇気と希望が湧き、あなたを真に幸せにする言葉が満載。「あなたは、あるがままの自分で『あること』で、すでに価値があり、他者に貢献している」──今、この瞬間から幸せになれる!

人生を見つめ直す「哲学エッセイ」
■人生があまりに苦しいと生きる気力までが削がれることはありますが、何に苦しみもない無風状態では幸福を感じることができません。
■人生そのものが旅であり漂泊です。ただ目的地につくことだけを問題にし、途中を味わうことができなければ、旅を楽しむことはできません。
■他者より優れようとし、他者との違いに自分の価値をみい出すのではなく、ありのままの自分に価値を見出せばいいのです。(本文より)

内容説明

36のメッセージに、生きる勇気と希望が湧く!ベストセラー『嫌われる勇気』の著者による人生をよりよく生きぬくためのヒント。

目次

第1章 今、この瞬間から幸せになれる
第2章 今日一日のためだけに生きる
第3章 生きる喜びは、人との関わりの中で生まれる
第4章 希望が人生を拓き、人生を変える
第5章 生きているだけで価値がある
第6章 死を受け止める勇気を持つ

著者等紹介

岸見一郎[キシミイチロウ]
1956年、京都府生まれ。哲学者。日本アドラー心理学会認定カウンセラー。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学(西洋哲学史専攻)。専門はギリシア哲学、アドラー心理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

江口 浩平@教育委員会

31
【生き方】岸見先生の本には本当に癒されるし、勇気づけられる。幸福とは、尊敬とは、大人であることの条件とは…。西洋東洋を問わず偉人の名言を引用しながら、丁寧に説明してくれている。「自分のためにしていることが他者貢献になる」ことが理想だというアドラーの生き方は、自己犠牲や偽善的な利他の行為を声高に叫び、それらを他者にも押し付けてくる現代の風潮に辟易している私にとって、とても前向きになれるいいメッセージだと感じた。他者の評価や承認に依存せず、自立した生き方をすることから始めたい。2019/08/07

パフちゃん@かのん変更

22
生きていることに価値がある。「機嫌がよいこと、丁寧なこと、親切なこと、寛大なこと」を心掛けよう。他者との競争から降りる。読書が人生を豊かにする。生きる喜びは人とのかかわりの中で生まれる。一緒にいられることに「ありがとう」。人の課題に土足で踏み込まない。笑いは喜びの要石。「好きなこと」が生きる力になる。2023/08/28

パフちゃん@かのん変更

21
いつも機嫌が良く、気分が安定している。ありのままの自分に価値を見出せばいい。読書は人生を豊かにする。生きる喜びは人とのかかわりの中で生まれる。笑いは喜びの要石。いまのままで十分いい。などなど・・・2024/04/04

西

21
久々に岸見先生の本を読む。書かれていることに真新しいことはないけど、以前心に響いたことを自分がまた忘れていたことに気付かせてくれた。身体にしみこむまで勉強しないといけないなと思う。そんな中で今、印象に残っているのはクリシュナムルティが子供に語り掛ける言葉「親や先生が、人生で何かに到達しなければならないよ、おじさんやおじいさんのように成功しなければならないよ、と言うのに気付いたことがないですか?」ということ。成功しなければ幸福ではない、という価値観は絶対ではないことを、子供達には知ってほしい2019/12/18

パフちゃん@かのん変更

19
幸福に「なる」のではなくて、幸福で「ある」そのままで。自分の幸福が他の人も幸福にする。生きる喜びは、人とのかかわりの中で生まれる。相手の話を決して批判しない。人の課題への過干渉はトラブルの元。などなど・・・2024/01/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13799878
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。