ワニブックス〈plus〉新書<br> アメリカ人は気軽に精神科医に行く

個数:
電子版価格 ¥770
  • 電書あり

ワニブックス〈plus〉新書
アメリカ人は気軽に精神科医に行く

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B40判/ページ数 223p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784847065637
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C0247

出版社内容情報

アメリカよりも、家庭や職場で心の悩みやストレスに苦しんでいる人がたくさんおり、自殺者も多いとされる日本。そんな日本でなぜ「心の病」はタブー視されるのか?アメリカで患者の心理援助にあたる“サイコロジスト”が、<1>日米の「心の病」への向き合い方の差異<2>日本における社会偏見<3>アメリカの革新的な心理アセスメント<4>「心の病」のシグナルの見抜き方や、シグナルが出た時はどうするべきか?……など、対処法から問題を未然に防ぐ実践法まで、幅広く綴ります。さらには、うつ病・不安症・出社、登校拒否・対人恐怖症・PTSD・パニック障害・自殺願望・飛行機恐怖症・人間関係の悩み・子育ての悩み・自身の性格の悩みまで、心の悩みや心の病気に応じて、さまざまな科学的研究に基づいた治療法も提案します。

内容説明

家庭や職場で心の悩みやストレスを抱える人がたくさんおり、自殺者も多いとされる日本。そんな日本でなぜ「心の病気」はタブー視されるのか?“サイコロジスト”(心の病気を扱う専門家/アメリカでは国家資格)としてアメリカで活躍中の著者が、日米の「心の病気」への向き合い方の差異と比較を中心に、日本社会における根強い社会偏見と治療環境の不備に警鐘を鳴らす。さらには自分自身を追い詰めない、ストレスの緩和の仕方も余すことなく伝える。

目次

第1章 日本で心の病気の重篤者や自殺者が多い理由(日本の若者の死因第1位は、事故でも病気でもなく「自殺」;自殺をする人は、「気が弱い人」「精神力が弱い人」ではない ほか)
第2章 メンタルヘルスの日米格差(友人にカウンセリングの担当者を紹介するアメリカ人;「ファミリードクター」というアメリカならではの制度 ほか)
第3章 アメリカにおける「心の病気」の治療の在り方(サイコロジストは、航空会社にまで治療への協力を依頼する;韓流アイドルになりたかったアメリカ白人少女の話 ほか)
第4章 日本人が見落としやすい「心の病気」のシグナル(「心の病気」のシグナルには、どのようなものがあるのか;「心の病気」で精神科を訪れる目安とは? ほか)
第5章 「心の病気」に“自ら対処”する方法(ストレスは人生のスパイス、自分の適量を知っておく;解決しないストレッサーは放っておけばいい ほか)

著者等紹介

表西恵[オモニシメグミ]
サイコロジスト。大阪府出身。関西大学卒業後、アメリカ留学。サザンアーカンソー州立大学卒業。セントラルアーカンソー州立大学大学院カウンセリング心理学科卒業。ジョージア州立大学にて同科博士号取得。ジョージア州、オハイオ州、ニューヨーク州サイコロジスト免許取得。テネシー大学ヘルスサイエンスセンターにてインターンシップ修了後、ジョージア州のニュースタートカウンセリングセンターにて主にアメリカ人の、および同州アトランタとオハイオ州の倉岡クリニックにて在米日本人のためのサイコロジストとして勤務。2015年8月よりニューヨークへ移り、マンハッタンウェルネスメディカルケアにて心理セラピーとアセスメントを担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

リキヨシオ

32
「我慢する」「頑張る」ことが美徳とする日本人。その国民性が、重症化するまで精神科を受診せず病状の長期化を招ねいている。特に日本人には心の病が恥と考えてる人が多くて受診する事自体が後ろめたい事というイメージが強い。日本企業の中にも「心の病=脱落者」という考え方が多い…など様々な要素が重なって日本の若者の死因の1位が「自殺」という他国にはない異様な状況になっている。アメリカでは「ファミリードクター制度」があり、心の不調が察知すれば精神科の受診を勧めてくれる…病状が軽い段階で気軽に精神科を受診できる環境がある。2016/01/29

ぱきしる

0
アメリカ在住のサイコロジストの方による日本とアメリカの精神医療の違いがよく書かれた一冊でした。まず15〜34歳の死因一位が自殺というのは先進国で日本だけだということに驚きました、自殺による死亡率は他の国の2〜4倍だそうです。日本では「精神科」というのは少し近寄りがたいもの、そのこともどうしてこうなったか考察が書かれておりとても面白かったです。また日本に存在しない精神医療に関わる職種も多々あることにすごくアメリカとの違いを感じました。私も精神科医を目指しているのですごく興味深い一冊でした。2016/04/03

ベビーヨーダ

0
最初から最後までやたらアメリカはすごいんだぜ🇺🇸みたいな記述が目立っていた。実際、日本は自殺率が高く、まだまだ「伝統」と向き合えていない部分が多いのは認める。ただ、こんなに「日本もアメリカのような〜になることを願ってやみません。」みたいな言い方をされると、異文化感受性発達モデルでいう二極化(逆転)止まりな感じがした。 日本によくなってほしいという気持ちは伝わるが、それ以上に上から目線でありがた迷惑ですわって感じになったので、自分は気をつけなければ。 最後の方の精神科に掛かる基準は役に立つかも2021/09/22

YKSM

0
本書に書かれているようにつらいときは我慢せず、周りに訴えたり病院いったりしましょうということが大事。2019/11/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9808937

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。