ワニブックス〈plus〉新書<br> アメリカ人は気軽に精神科医に行く

個数:
電子版価格 ¥756
  • 電書あり

ワニブックス〈plus〉新書
アメリカ人は気軽に精神科医に行く

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年07月24日 20時02分現在)
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B40判/ページ数 223p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784847065637
  • NDC分類 493.7

内容説明

家庭や職場で心の悩みやストレスを抱える人がたくさんおり、自殺者も多いとされる日本。そんな日本でなぜ「心の病気」はタブー視されるのか?“サイコロジスト”(心の病気を扱う専門家/アメリカでは国家資格)としてアメリカで活躍中の著者が、日米の「心の病気」への向き合い方の差異と比較を中心に、日本社会における根強い社会偏見と治療環境の不備に警鐘を鳴らす。さらには自分自身を追い詰めない、ストレスの緩和の仕方も余すことなく伝える。

目次

第1章 日本で心の病気の重篤者や自殺者が多い理由(日本の若者の死因第1位は、事故でも病気でもなく「自殺」;自殺をする人は、「気が弱い人」「精神力が弱い人」ではない ほか)
第2章 メンタルヘルスの日米格差(友人にカウンセリングの担当者を紹介するアメリカ人;「ファミリードクター」というアメリカならではの制度 ほか)
第3章 アメリカにおける「心の病気」の治療の在り方(サイコロジストは、航空会社にまで治療への協力を依頼する;韓流アイドルになりたかったアメリカ白人少女の話 ほか)
第4章 日本人が見落としやすい「心の病気」のシグナル(「心の病気」のシグナルには、どのようなものがあるのか;「心の病気」で精神科を訪れる目安とは? ほか)
第5章 「心の病気」に“自ら対処”する方法(ストレスは人生のスパイス、自分の適量を知っておく;解決しないストレッサーは放っておけばいい ほか)

著者紹介

表西恵[オモニシメグミ]
サイコロジスト。大阪府出身。関西大学卒業後、アメリカ留学。サザンアーカンソー州立大学卒業。セントラルアーカンソー州立大学大学院カウンセリング心理学科卒業。ジョージア州立大学にて同科博士号取得。ジョージア州、オハイオ州、ニューヨーク州サイコロジスト免許取得。テネシー大学ヘルスサイエンスセンターにてインターンシップ修了後、ジョージア州のニュースタートカウンセリングセンターにて主にアメリカ人の、および同州アトランタとオハイオ州の倉岡クリニックにて在米日本人のためのサイコロジストとして勤務。2015年8月よりニューヨークへ移り、マンハッタンウェルネスメディカルケアにて心理セラピーとアセスメントを担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

アメリカよりも、家庭や職場で心の悩みやストレスに苦しんでいる人がたくさんおり、自殺者も多いとされる日本。そんな日本でなぜ「心の病」はタブー視されるのか?アメリカで患者の心理援助にあたる“サイコロジスト”が、<1>日米の「心の病」への向き合い方の差異<2>日本における社会偏見<3>アメリカの革新的な心理アセスメント<4>「心の病」のシグナルの見抜き方や、シグナルが出た時はどうするべきか?……など、対処法から問題を未然に防ぐ実践法まで、幅広く綴ります。さらには、うつ病・不安症・出社、登校拒否・対人恐怖症・PTSD・パニック障害・自殺願望・飛行機恐怖症・人間関係の悩み・子育ての悩み・自身の性格の悩みまで、心の悩みや心の病気に応じて、さまざまな科学的研究に基づいた治療法も提案します。