ルポ 闘う情状弁護へ―「知的・発達障害と更生支援」、その新しい潮流

個数:

ルポ 闘う情状弁護へ―「知的・発達障害と更生支援」、その新しい潮流

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月18日 09時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 284p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784846019037
  • NDC分類 326.14
  • Cコード C0036

内容説明

2012年に大阪市で起きた「実姉殺人事件」と2017年の津久井やまゆり園の「優生思想テロ事件」は連動している、とした著者の7年間にわたる“法廷ドキュメンタリー”の集大成。障害と犯罪と司法に新視点を導入する!

目次

プロローグ パラダイムの転換と“新しい潮流”の背後にあるもの
第1部 ドキュメント 大阪地裁判決はなぜ求刑を上回ったのか(二〇一二年七月、ある判決、噴出する批判―アスペルガー症候群と裁判員裁判;加害男性の見ていた世界―なぜこのような惨劇がおこったのか;男性は何を語ったか―大阪に弁護団を訪ねて;高裁判決と弁護団のふり返り―刑事弁護と情状弁護;出所者を福祉につなぐ―「地域生活定着支援センター」の現状と課題)
第2部 「障害と刑事弁護」、その始まりと先駆者たち(「知的障害」をもつ人の刑事弁護はどう始まったか―「悪い障害者」は支援しないのか;副島洋明という刑事弁護人―「金を払って弁護士を雇え!」;「自閉症スペクトラム障害」を初めて正面にすえて闘う―二〇〇五年大阪寝屋川事件で少年の「障害」はどう裁かれたか;更生支援、まずは支援者こそ発想の転換を―「ふるさとの会」の生活支援と司法との連携)
第3部 司法と福祉の協働が新たな「人権侵害」とならないために(福祉の仕事は「再犯防止」か―「更生支援計画書」の誕生、ある社会福祉士の危惧;治療的司法と新しい「協働支援」―排除型の裁判から社会包摂へ;社会内処遇の新たな試み―更生を支えるものはなにか;協働的更生支援、これからの課題―支援の理論と方法)
エピローグ 新しい更生支援のその先へ

著者等紹介

佐藤幹夫[サトウミキオ]
1953年生まれ。秋田県出身。養護学校の教員を20年以上勤める。その後フリージャーナリストとして活動。批評誌『飢餓陣営』の主宰者として、思想・文学・心理学など幅広い分野で評論活動も行う。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かすり

1
ルポであってノンフィクションではないのだが、著者の主張が見えづらいのと、種々専門家のインタビューや再掲が多くてコラージュを見ているよう。どんな層に向けた本なのかも見えづらい。ある程度福祉プロパー向けだとしたら制度の説明はいらない。事件についてもっと掘り下げて欲しかった。2020/09/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15446338

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。