出版の崩壊とアマゾン―出版再販制度“四〇年”の攻防

個数:

出版の崩壊とアマゾン―出版再販制度“四〇年”の攻防

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年07月22日 20時13分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 323p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846017545
  • NDC分類 023.1
  • Cコード C0036

内容説明

出版界は出版再版をかろうじて守ったが、電子書籍やアマゾン対応などで失敗し、敗戦前夜のような事態を迎えている。出版再版擁護の論陣を張る著者の闘いの記録。

目次

アマゾンへの出荷停止
再販制度廃止をめぐる攻防
ポイントカード戦争
公正取引委員会の反撃
再販制度の存置が確定
アマゾンと出版崩壊
出版敗戦前夜

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ステビア

23
既得権益にしがみつく圧力団体の図。再販制さえあれば出版崩壊が避けられると本気で思ってるんだろうか。おめでたい話だ。歴史としては、細かすぎるがよくまとまってはいる。2022/11/12

スプリント

10
Amazonというよりも再販制度維持に向けた公正取引委員会との攻防がメイン。 出版の崩壊は止まることはなく、再生の道筋も見えない状況のようです。2021/01/03

フォイ

4
複雑に書いてあるから15%くらいしかわからない。ようはAmazonの躍進に歯止めをかけないと再販制度が崩壊して大変なことになるよってことか。再販制度崩壊=出版の崩壊なのかな。今の自転車操業的な業態がよくないと分かってるなら、徐々に別のルールに移行するのがいい。出版栄光の時代に戻そうって考え方自体が敗戦前夜。Amazonという便利なものを消費者から取り上げることが出来ないので、文喫みたいな書店で利益を上げるとか別方面から利益を獲得していかないといけないんじゃないかなぁ。2020/09/13

ルヴナン

4
再販制度を固守せんと書かれたゴミ。都合の良いことしか書かないプロパガンダであり、出版の現状と将来の展望を語るものではない。取次のシステムと功罪を書かずに、中小の取次の倒産を憂うのはは不誠実。取次業界の再編による出版業への影響がどれほどのものだと言うのか。絶版即裁断を嘆くが、そうなる理由には触れない。雑誌と新聞は一切出てこない、多くの書店では売り上げの半分以上を雑誌が占めているのに。守りたいのは本じゃなくて流通業者と新聞社なんだろ、あァん?2019/02/22

紙魚

3
タイトルを読むと出版の崩壊とアマゾンに関係あるように見えるが, それ以前から非再販の書籍販売の試みが採算が合わずに頓挫し続けていた(そしてそれに対して有効な手を打っていなかった)事例を読むと, もともと保護されて生き残っていただけの業界だっただけなのではと思う. これからの出版流通業者生き残りについて提言も, 紙の本そのものが減っていくであろうことを考えると, 論点そのものが無意味化していきそうな気もする2020/01/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13252323
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。